XYZ2MatLog

内容

メニュー情報

XYZ対数グリッディング

概要

XYZワークシートデータを行列に変換

追加の情報

必要なOriginのバージョン:Origin 8.5.1 SR0

コマンドラインでの使用法

XYZ2MatLog iz:=(col(a),col(b),col(c)) settings.ConvertToMatrix:=2 ovm:=<new:RenkaCline>;

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
入力 iz

入力

XYZRange

<active>
対数グリッディングで、元のXYZワークシートデータを行列に変換します。
グリッディングの設定 settings

入力

TreeNode

<unassigned>
XYZワークシートデータの対数グリッディングの設定詳細は下記の詳細な情報を参照してください。
出力行列 om

出力

MatrixObject

<新規>
関連のチェックボックスが選択されていると、このオプションで対数グリッディングで出力する行列を指定できます。出力行列 および 出力仮想行列のみが選択されます。

出力表記のシンタックスをご覧ください。

仮想行列の出力 ovm

出力

Worksheet

<新規>
関連のチェックボックスが選択されていると、このオプションで対数グリッディングで出力するワークシートを指定できます。そして出力ワークシートは仮想行列として配置されます。出力行列 および 出力仮想行列のみが選択されます。

出力表記のシンタックスをご覧ください。

詳細な情報

このXファンクションは、最初にX値とY値の対数値を計算し、そして、 XYZ2Matが行うようにXYZグリッディングを実行します。どちらのXファンクションも入力と出力の設定は同じです。これは次の2つのステップと同じです。

  1. 入力X値とY値の対数値を計算し、それぞれLog(X) と Log(Y) として結果を得ます。
  2. XYZ2Mat Xファンクションを使って、 (Log(X), Log(Y), Z) のXYZグリッディングを実行します。


詳細は、ユーザガイドをご覧下さい。

関連するXファンクション

w2m, m2w, r2m, wexpand2m, xyz_regular, xyz_sparse, xyz_shep, xyz_shep_nag, xyz_renka, xyz_renka_nag, xyz_tps