XYZ2Mat

メニュー情報

ワークシート:行列に変換:XYZグリッディング

概要

XYZデータを行列へ変換します

コマンドラインでの使用法

XYZ2Mat iz:=(col(a),col(b),col(c)) settings.ConvertToMatrix:=1 om:=<new: Sparse>;

Xファンクションの実行オプション

スクリプトからXファンクションにアクセスする場合、追加のオプションスイッチについてのページを参照してください。

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
入力 iz

入力

XYZRange

<active>
グリッディングによって行列に変換するXYZ形式のワークシートを選択します。
グリッディング設定 settings

入力

TreeNode

<unassigned>
XYZ形式のワークシートデータをグリッディングする際の設定を選択します。くわしくは、詳細な情報のセクションをご覧下さい。
出力行列 om

出力

MatrixObject

<new>
このチェックボックスにチェックが入っている場合には、出力するグリッディングデータの行列を指定できます。出力行列出力仮想行列はどちらか一方のみを選択できます。

出力表記ページのシンタックスをご覧ください。

仮想行列の出力 ovm

出力

ワークシート

<new>
このチェックボックスにチェックが入っている場合には、出力するグリッディングデータのワークシートを指定できます。また、出力ワークシートでは仮想行列として配置されます。出力行列出力仮想行列はどちらか一方のみを選択できます。

出力表記ページのシンタックスをご覧ください。

サンプル

  1. 新しいワークブックを作成し<Originをインストールしたディレクトリ>\Samples\Matrix Conversion and Gridding\XYZ Random Gaussian.datをこのワークブックにインポートします。
  2. 列Cを選択して右クリックで表示されるメニューから列XY属性の設定:Z列を選択して列CをZ属性にします。
  3. 列Cを選択したまま、メニューからワークシート:行列に変換:XYZグリッディングを選択、もしくはコマンドウィンドウでXYZ2Mat -d;を実行してXYZグリッディングダイアログを開きます。
  4. グリッディング設定の項目を広げて、グリッディング手法とそのパラメータのドロップダウンリストからランダム(Renka Cline)を選択し、プロットタイプのプレビューのドロップダウンリストから3Dカラーマップ曲面を選択します。OKボタンの左側にあるプレビューのチェックボックスにチェックを入れます。プレビューパネルで、結果のプレビュータブを選択すると3Dカラーマップ曲面グラフでの結果が表示されます。
    Xyz2mat example dialog.png
  5. OKボタンをクリックして下図のような結果が得られます。
    Xyz2mat example result.png

詳細な情報

詳細は、ユーザガイドをご覧下さい。

関連 X ファンクション

w2m, m2w, r2m, wexpand2m, xyz_regular, xyz_sparse, xyz_shep, xyz_shep_nag, xyz_renka, xyz_renka_nag, xyz_tps


キーワード:ワークシート, グリッディング