画像ファイルへのグラフやレイアウトページのエクスポート

Video Image.png 関連する動画はこちら:Exporting Graphs

画像ファイルは、大きく2つの形式に分けることができます。

  • ラスター形式は、色の固定サイズのピクセルが縦横に並んだ配列です。 この形式は詳細に表示するとそれに比例してファイル容量が大きくなり、拡大・縮小すると質が落ちます。 ラスターファイルのサイズは解像度と色の濃度で決まります。 ラスター形式は、より詳細にしたり、色数を増やしたり、拡大・縮小しても問題にならないようなグラフやレイアウトページを作成する場合に最もよく使われます。
  • ベクター形式は、画像をどのように描くのかという手順が含まれ、サイズや解像度に関する追加情報も含まれます。 この形式は、拡張性がありますが、その画像ファイルを開くアプリケーションで解釈されるため、エラーが発生する可能性があります。 ファイルサイズは画像の複雑さに比例します。 ベクター形式は、スケーラビリティが求められない場合に最もよく使われます。

サポートされている形式

Originは、17種類の画像形式にエクスポートすることができます。

ファイル 拡張子 フォーマット

Adobe Illustrator

.AI

ベクター

ビットマップ

.BMP

ラスター

Computer Graphics Metafile

.CGM

ベクター

AutoCAD Drawing Interchange

.DXF

ベクター

カプセル化されたポストスクリプト

.EPS

ベクター

Enhanced Metafile

.EMF

ベクター

Graphics Image Format

.GIF

ラスター

JPEG, Joint Photographic Experts Group

.JPG

ラスター

Zsoft PCペイントブラシビットマップ

.PCX

ラスター

Portable Network Graphics

.PNG

ラスター

Truevision Targa

.TGA

ラスター

Portable Document Format

.PDF

ベクター

Adobe PhotoShop形式

.PSD

ラスター

TIFF, Tag Image File

.TIF

ラスター

Windowsメタファイル

.WMF

ベクター

画像ファイルを作成する

グラフとレイアウトページのエクスポートは、expGraph Xファンクションを使って行われます。GUIツールはexpGraphダイアログボックスです。expGraphダイアログボックス内の設定をダイアログテーマに保存し、繰り返し利用するエクスポートテーマを複数作成できます。Origin 2021以降、ダイアログ設定はエクスポート時にグラフとともに自動的に保存されます。グラフをすぐにエクスポートしない場合は、ダイアログテーマメニューをクリックし、保存先<グラフ>を選択して設定を保存できます。


expGraphダイアログで制御されるオプション

  • 出力ファイル形式
  • エクスポート対象の指定オプション:アクティブページ、プロジェクトエクスプローラサブフォルダ内のすべてのページ、プロジェクト全体のすべてのページ、特定のウィンドウ名
  • エクスポートするファイル名の指定:ショートネームまたはロングネームの使用、複数ページのエクスポートに対して番号付きのファイル名
  • システムまたはユーザ定義のグラフテーマの指定:グラフ要素のプロパティをエクスポート時に変更
  • エクスポートするページの領域の制御:例えばページ上のすべてのオブジェクトの外側を削除する
  • さまざまな単位で出力画像のサイズを制御するイメージ設定
  • 選択した出力ファイル形式に対する個別のイメージ設定

グラフやレイアウトページのエクスポート

  1. グラフをアクティブな状態で、メニューからファイル:グラフエクスポートを選択します。または、レイアウトウィンドウがアクティブな状態で、ファイル:ページエクスポートを選択します。どちらの操作でも、expGraphダイアログボックスが開きます。
  2. 希望にあった画像形式 を選びます。
  3. ページオプション』を選択して、グラフをエクスポートするか、リストから「指定」を選び、右にあるグラフブラウザボタンを使ってグラフウィンドウを選択します。
  4. ファイル名』 から出力ファイル名を選択するか、名前を入力します。 複数グラフがエクスポートされると、その名前には番号が付けれます。
  5. 出力ファイルのパス を選択し、「既存ファイルを上書き」してエクスポートするかどうかを指定します。
  6. エクスポートの設定』で、 グラフテーマを適用でき、グラフの境界 (詳細ブランチ)を指定します。 この処理は、指定したページ設定でのグラフのコピーを一時的に作成し、この一時的なコピーをプレビュー 領域に表示します。 エクスポートされるグラフを自動的にプレビュー表示するには、自動プレビューオプションにチェックを付けます。
  7. 画像の設定』は、エクスポートする画像形式で固有のオプションを提供します。
  8. 設定に問題が無ければ、OKをクリックします。
このセクションでは以下の項目について説明します