グラフを画像としてエクスポートダイアログボックス


グラフを画像としてエクスポートダイアログは、現在のグラフをラスター画像ファイルとしてエクスポートするためのより簡単なツールです。

Export Graph as Image Dialog 01.png

グラフのエクスポート時に詳細な設定を行う場合は、代わりにグラフエクスポートダイアログを使用することになります。

画像の種類

Originは一般的な画像タイプである、PNG(デフォルト)、BMP、JPEG、TIFF、EMF、SVGをサポートしています。

ファイル名

エクスポートする画像のファイル名を指定します。デフォルトでは、現在のグラフのロングネームが使用されます。

ファイルパス

エクスポートした画像ファイルを保存するパスを指定します。デフォルトでは、ユーザファイルフォルダが使用されます。

DPI

エクスポートした画像の解像度を、DPI(インチ当たりのドット数)で指定します。

ピクセル単位の幅/高さ

画像の幅と高さをピクセル単位で調整します。デフォルトでは、自動にチェックが入っていると元のページサイズが適用されることになります。