ファイル形式の選択の目安

選択する形式は、エクスポートするグラフをどのように利用するのかによります。出版社から、ファイル形式やそのオプション設定について、大変厳しく要求されることがあります。出版する場合、出版社の要求を細かく把握しておく必要があります。

内容

出版業界でよく使われている画像形式

拡張子 名前 特徴

TIF

Tag Image File

ラスター形式、カラースペース、モノクロから24bitカラーまで対応、ファイル圧縮

TGA

Truevision Targa

ラスター形式、256色から24ビットカラーまで対応

EPS

Encapsulated Postscript

ベクター形式、カラースペース、24ビットカラー

PDF

Portable Document Format

ベクター形式、カラースペース、24ビットカラー

サイズを変更しても画像の乱れが無いのでベクター形式が好まれて使われます。ベクター形式が正確に拡大縮小できる一方で、データ数が多いグラフを作成している場合、画像を記述する情報が大きくなります。 カラースペースオプションを持つ形式に対しては、RGBよりもCMYKを指定するほうが良いでしょう。

ホームページで使われている画像形式

Webに発行するグラフのエクスポートに関しては、次の2つの点に気をつけなければなりません。

  • ファイルサイズ - 画像のダウンロードにかかる時間を短くする
  • 対応しているブラウザ - 多くのブラウザで対応している画像形式

ブラウザで対応している一般的な画像形式はJPGとGIFです。PNGはGIFに代わるものとして最近増えてきています。

拡張子 名前 特徴

JPG

Joint Photographic Experts Group

ラスター形式、グレースケールまたは24bitカラー、最適化圧縮(ロス有り)

GIF

Graphics Image Format

ラスター形式、8bitカラー、圧縮(ロスなし)

PNG

Portable Network Graphics

ラスター形式、モノクロ、4bit、8bit、24bitカラー、圧縮(ロスなし)

どの形式を使用するかを決めるのに、ダウンロードのスピードと色の数または解像度とはトレードオフの関係にあることに注意してください。色数や解像度が小さければ、ダウンロードは高速になります。しかし、色やシャープネスを表現するためにダウンロードスピードを犠牲にする場合もあります。

Webページはコンピュータの画面で見られることを前提としておりますので、すべてのイメージは、コンピュータのモニタに近い解像度(72から120DPI)でエクスポートしましょう。

他のアプリケーションで使われる形式

他のアプリケーションで画像ファイルを編集する場合、アプリケーションのオリジナルのファイル形式またはそれがサポートしているファイル形式を選びましょう。

拡張子 形式名(タイプ) アプリケーション

AI

Adobe Illustrator (ベクター)

Abobe Illustrator

BMP

Bitmap (ラスター)

Windows ペイント

CGM

Computer Graphics Metafile (ベクター)

Wordperfect

DXF

AutoCAD Drawing Interchange (ベクター)

AutoCAD

EMF

Enhanced Metafile (ベクター)

MS Office アプリケーション

PCX

Zsoft PC Paintbrush Bitmap (ラスター)

PC ペイントブラシ

PDF

Portable Document Format (ベクター)

Adobe Acrobat

PSD

Adobe Photoshop (ラスター)

Adobe Photoshop

WMF

Windows Metafile (ベクター)

MS Office アプリケーション

これらのファイル形式は、ラスターまたはベクターです。ベクター形式のファイルを編集するソフトは多くありません。その中のいくつかは、ベクター形式をラスタライズすることができます。詳細は、そのアプリケーションのマニュアルをご覧ください。