Originのファイルの種類

Originのファイル種類のまとめ

様々なOriginのファイルタイプと利用方法を下記の表に示します。

Origin 2018から、一連のUnicode対応(UTF-8)ファイルタイプが追加されました。以前からのユーザーには、これまでのファイルタイプのいくつかに、uで示されるUnicode対応ファイルがあることが分かります(例: * .opj => * .opju)。Origin 2018以降では、以前のUnicode 非対応のファイルの読み込みと編集が可能です。保存のファイルの種類ドロップダウンのデフォルトがUnicode対応のファイルになっているので、これまでのファイル形式にする場合は設定を変更する必要があります。

ファイルの種類 ファイル拡張子 用途
Originプロジェクトファイル *.opj(u) すべてのデータを保存するファイル形式
ウィンドウファイル *.ogw(u);*.ogg(u);*.ogm(u);*.txt ワークブックの子ウィンドウ (.ogw(u)), グラフ(.ogg(u)), 行列(.ogm(u)), ノート(.txt)
テンプレートファイル *.otp(u);*.otw(u);*.otm(u) 保存されたカスタマイズデータの取り扱いとフォーマットオプション:グラフ(.otp(u)), ワークシート(.otw(u)), 行列(.otm(u))
インポートフィルタファイル *.oif 基本インポートファイル構文解析とデータ抽出を扱う外部ファイル
関数定義ファイル *.fdf 定義したフィット関数を保存
関心領域ファイル *.roi 特定の行列シートまたは画像ウィンドウ内の関心領域(ROI)の位置を定義するXY座標のセット
LabTalkスクリプトファイル *.ogs LabTalkスクリプトのセクションでまとめられたテキストファイル
Origin C ファイル *.c;*.cpp;*.h;.etc OriginCプログラムの開発に使用
Xファンクションファイル *.oxf;*.xfc; 柔軟で強力なメカニズムを提供するOriginのツール
Originパッケージファイル *.opx カスタムアプリケーションの配布に使用されるパッケージファイル
Originメニューファイル *.xml;*omc; Originのメニュー情報を含むファイル*.xmlはメニュー編集用途として、Originの外部で編集することができます。*.omcファイルはカスタマイズされたメニュー設定を含みます。
初期化ファイル *.ini 起動時にOriginの機能の設定を制御するファイル
設定ファイル *.cnf LabTalkスクリプトコマンドを含むテキストファイル
カスタムシンボル origin.uds カスタムシンボルのビットマップイメージを含むバイナリファイル

参考