極座標グラフの軸ダイアログ


Originの極座標グラフは、角度軸と放射軸と表示できます。内部と外部に2つの方位軸が存在します。デカルト直交座標の軸が編集可能なように、これらの軸も表示/非表示などの編集が可能です。放射軸は、プロットに対して内部または外部表示にすることができます。放射軸も同様に編集可能です。軸の編集は極座標グラフの軸ダイアログから行います。以下の上の図がダイアログで、複数内部、外部放射軸の表示を制御します(例:内側の軸 1, 外側の軸 2)。下の図は、Originの極座標グラフの軸とグリッドの種類と場所を示しています。

Polar Axis Dialog 2.png
極座標向けの軸ダイアログ
Polar Axes Example 2.png
極座標の軸の専門用語

軸ダイアログは、極座標の軸を編集するタブベースのダイアログです。ダイアログには、7つのタブが用意されており、それぞれで異なる軸の属性を制御します。このダイアログを使用するにあったって、基本的には最初に左パネルでアイコンを選択します(複数選択可)。このアイコンは、編集を行う軸を示しています。そして、右パネルでタブを開き、軸の属性を編集します。

方位軸

角度軸は\theta値の軸です。これらは円(または、円の一部)として表示されます。外側と内側の方位軸が存在し、内側/外側の方位軸はそれぞれ放射軸開始/終了の値の位置から開始します。

表示

外部と内部に同じオプションを使用 方位軸の外側と内側に同じ軸の設定を使用するか指定します。
表示 選択した軸を表示するかどうかを指定します。
向き 表示する方位軸の方向と軸の開始値を指定します。
  • 方向
    角度軸の方向を定義します。時計回り反時計回りから選択します。
  • 回転(度)
    角度軸の回転角を定義します。選択できる数値は0から360までの間の整数値です。0の場合、軸の開始位置は3時の方向で、0では無い値の場合、定義された値の分だけ反時計回りに回転した位置から開始します。


スケール

このタブでは、軸範囲と増分を制御します。ほとんどのコントロールは、一般的な2D軸ダイアログのスケールタブと同じです。単位定義 ノードだけ極座標軸ダイアログ固有の設定項目です。

単位 角度軸の表示単位を指定します。
  • 角度軸の単位として度を使用します。開始と終了の値は0と360です。
  • ラジアン
    方位軸の単位としてラジアンを使用します。開始と終了の値は0Piと2Piです。
  • グラジアン
    方位軸の単位としてグラジアンを使用します。開始と終了の値は0と400です。
  • カスタム
    ユーザ定義の開始値と終了値の単位を指定します。
円開始値 これは、単位に対してカスタムが選択されているときのみ利用できます。これはカスタム単位の開始値を指定するために使用します。この値は単位が変換された時に自動的に0度に換算されます。
円終端値 これは、単位に対してカスタムが選択されているときのみ利用できます。これはカスタム単位の終端値を指定するために使用します。この値は単位が変換された時に自動的に360度に換算されます。

このページ内の他のコントロールについては、一般的な2D軸ダイアログのスケールタブを参照してください。

Notes: もしユーザ定義で選択した単位の軸範囲(開始から終了までの範囲)が1ピリオド(開始値終端値までの範囲)を超えるか同じだった場合、軸の範囲は自動的にデフォルト設定である全ピリオド範囲になります。また、開始から終了までの値の絶対値が開始値終端値の絶対値より大きい場合、軸範囲は円開始値円終端値の範囲内で収まるように移動します。


目盛ラベル

外側にある角度軸の目盛ラベルについて、このタブでカスタム化できます。

表示 選択した内部軸の副ラベルを表示するかどうかを指定します。
内側と外側で同じオプションを使用する 角度軸の外側と内側に同じ目盛りラベルの設定を使用するか指定します。

表示

表示 のサブタブは、目盛ラベルの表示を制御します。ほとんどのコントロールは2Dグラフの軸ダイアログと同じです。方位軸の編集のために、いくつかの特殊なオプションがあります。

タイプ 目盛ラベル表示のタイプを決定します。詳細はタイプドロップダウンメニューにある項目レファレンスを確認してください。
表示フォーマット これは、タイプデータセットからのテキスト主目盛ラベル用データセットカテゴリにセットされると使用できません。

これは、目盛ラベルの表示形式を指定します。詳細は表示ドロップダウンメニューにある項目レファレンスを確認してください。

データセット名 これはタイプデータセットからのテキスト主目盛ラベル用データセットカテゴリにセットされる時のみ選択できます。

目盛ラベルで使用するデータセットを指定します。詳細はデータセット名ドロップダウンメニューのレファレンスを確認してください。

小数点以下の桁数の設定 このチェックボックスは、タイプ数値を選択した時のみ利用可能です。

目盛ラベルの小数点位置を設定するか指定します。

小数点桁数 タイプ数値で、小数点以下の桁数の設定チェックボックスが選択されたときに利用可能です。
正として負のラベルを表示 このチェックボックスは、タイプ数値を選択した時のみ利用可能です。

これは負の値である場合の目盛ラベルを正の値で表記するか指定します。

ラベル形式 目盛ラベルの表示単位を指定します。
  • 自動
    目盛ラベルの単位はスケールページで選択した単位と同じになります。
  • 目盛ラベルの単位は度数になります。
  • ラジアン
    目盛ラベルの単位はラジアンになります。
  • グラジアン
    目盛ラベルの単位はグラードになります。
要素で分ける これは一般的な2D軸ダイアログのコントロールです。詳細はこのヘルプファイルをご覧ください。
関数式 これは一般的な2D軸ダイアログのコントロールです。詳細はこのヘルプファイルをご覧ください。
ラベル接頭語 これは一般的な2D軸ダイアログのコントロールです。詳細はこのヘルプファイルをご覧ください。
ラベル接尾語 これは一般的な2D軸ダイアログのコントロールです。詳細はこのヘルプファイルをご覧ください。

フォーマット

列のデータ型タブは目盛ラベルの型式について制御します。このコントロールは一般的な2Dグラフ の軸ダイアログのフォーマットタブと設定と同じですが、テキストの折り返しオプションはありません。

副目盛りラベル

副目盛ラベルタブは、副目盛のラベルを編集するときに使用します。このコントロールは一般的な2D軸ダイアログの副目盛ラベルタブとほぼ同じです。


タイトル

このタブは放射軸のタイトルを制御するのに使用します。

表示チェックボックスは特定の放射軸のタイトルを表示するかどうか指定します。

他の項目は一般的な2D軸ダイアログのタイトルページと同じです。


グリッド線

このページでは、角度軸のグリッド線の編集オプションが提供されます。

主グリッド線副グリッド線ツリーノードを使って主目盛副目盛のグリッド線も制御できます。ほとんどの項目は一般的な2D軸ダイアログの主グリッド線ツリーノードと同じです。


追加の線ツリーノードは、反対の線および指定した角度値での線を表示するために使用します。

反対 内部角度軸の位置に反対の線を表示するか指定します。
Y = Y=チェックボックスにチェックを付けて、ボックスに値を入力して、指定した角度値での線を追加します。


軸と軸目盛

このタブは、極座標グラフの角度軸の軸と軸目盛スタイルを制御します。

軸と軸目盛ページでは、3つのチェックボックスがあり、全体的な軸と軸目盛のオプションを選択できます。

軸と軸目盛を表示 選択した角度軸に軸と軸目盛を表示するか指定します。
内側と外側で同じオプションを使用する このチェックボックスにチェックを付けると、外側と内側の角度軸に同じ軸と軸目盛を適用します。このチェックボックスにチェックを付けると、内部軸上の軸と軸目盛を表示チェックボックスがグレーアウトし、自動的に外部軸上の軸と軸目盛を表示と同じになります。


ツリーノードは線のスタイルをカスタム化できます。

表示 このチェックボックスを選択して、選択されている軸の線を表示します。
ドロップダウンリストから色を選択または定義して、軸の線や目盛を表示する色を指定します。
太さ 軸および軸刻みに対する線の太さ(ポイント単位、1ポイント=1/72インチ)を入力または選択します。
軸オフセット 対応する方位軸のオフセットを設定します。
  • 最初の位置
    軸表示の初期位置です。最初の方位軸の外側と内側の位置は放射軸スケールページ開始終了で指定されています。
  • %最初から
    最初の位置から何パーセントのオフセットをするのか指定します。パーセントはパーセント/値 入力ボックスで定義します。
  • 位置=
    方位軸の位置を度数軸の特定の位置に設定します。位置の値はパーセント/値入力ボックスで定義します。
パーセント/値 この入力ボックスは軸オフセット%最初からまたは位置=にある時だけ使用できます。これは、軸のオフセットのパーセント/値を定義するために使用します。% 最初からが選択されている場合、パーセンテージを入力します。正負のパーセンテージを入力可能です。位置=が選択されている場合、その値は度数軸上の適当な数を入力します。

目盛ツリーノードは目盛の方向と長さをカスタム化できます。オプションは一般的な2D軸ダイアログの主目盛/副目盛ツリーノードと同じです。

参照線

一般的な2次元座標グラフと同様に、参照線タブで角度軸に参照線を追加することが出来ます。

このオプションについては、一般的な座標での参照線タブ をご参照ください。

放射軸では、参照線は円または開始値から終了値までの角度の部分円になります。

特別な軸刻み(外部と内部)

角度軸の特定の位置に特別な軸刻みラベルを複数個追加できます。

内部と外部で同じオプションを使用する このチェックボックスにチェックを付けると、外部と内部の方位軸に同じ目盛オプションを適用します。

このページでは、特別な軸刻みとページで表示するように選択している場合に外部角度軸の特別な目盛のスタイルをカスタム化できます。このオプションは、一般的な2D軸ダイアログの特別な軸刻みノードとほぼ同じです。

放射軸

極座標グラフの内側や外側に配置可能です。内部軸は中央から始まり、内部 n と名付けられます。外部軸は極座標グラフの外側に描かれ、 外部 n と名付けられます。

角度軸のすべての主目盛に放射状の軸を追加し、それらをすべて同時にカスタマイズすることができます。

放射軸ページでは、2つの方法で最初の放射軸の設定を指定できます。

  1. 放射軸を追加 または 放射軸を削除 ボタンで放射軸を直接追加/削除が出来ます。
    Note:放射軸の追加 ボタンをクリックすると、内部軸に追加されます。放射軸の削除 ボタンをクリックすると、左側パネルリストにある末尾の放射軸が削除されます。
  2. 新しい設定ボタンをクリックして放射軸設定ダイアログを開きます。


放射軸設定ダイアログ

このダイアログは全ての放射軸の設定を行うために使用できます。新しい放射軸設定が適用されると、それまでの放射軸設定は消去されます。

このダイアログでは極座標内の軸極座標外の軸が異なるノードで制御されます。

Radial Axes Configuration Dialog.png

極座標図内の軸

極座標図内の軸 このチェックボックスは極座標図内部に放射軸を表示するか指定します。これが選択されていない場合、このツリーノード内にある他のコントロールは全て選択できなくなり、極座標図内に放射軸は表示されません。つまり、内部軸は無くなります。
位置の種類 全ての内側の軸の位置の種類を定義します。
  • 角度: 角度軸の値を使用して、放射軸の位置を指定します。位置は方位軸と相対的な位置になります。
  • 時計目盛版: 時計の針の位置を使用してグラフ上の放射軸の位置を指定します。放射軸の位置は方位軸が移動しても変わりません。
  • 主目盛:複数の放射軸が角度軸の各主目盛位置に配置されることを示します。パネルにある選択した放射主軸 ページにより、一緒に編集することが可能です。
角度リスト このドロップダウンリストは位置の種類角度のラジオボタンが選択されている時に使用できます。放射軸の位置について、組み込みで設定できるリストを選択しても、カスタムを選択してユーザ定義の角度リストを値(方位軸単位 )入力ボックスに作成しても構いません。
値 (角度軸単位 ) この入力ボックスは角度リストに対してカスタムが選択されているときのみ利用できます。方位軸単位 は、角度軸のスケールタブで定義された単位に対応しています。放射軸の位置を1つ以上の角度を方位軸に対して入力します。「スペース」を区切り文字として使用してください。
時計リスト このドロップダウンリストは位置の種類時計のラジオボタンが選択されている時に使用できます。ビルトインの時計リストから放射軸の位置を選択してください。

極座標図外の軸

このツリーノードの中には4つのドロップダウンリスト、があります。それぞれ、対応する枠の境界に軸を表示するかどうか指定します。例えば、のドロップダウンは左側の枠の境界線に放射軸を置くか指定します。

これらのドロップダウンリストは同じようなオプションを有しています。

なし この枠の境界線には放射軸を表示しません。
上部または左 (には)上部または(には)左にのみ、この枠境界に放射軸を表示します。
下部または右 (には)下部または(には)右にのみ、この枠境界に放射軸を表示します。
上部と下部または左右 (には)上部と下部、または(には)左右の両方に、この枠境界に放射軸を表示します。

それぞれのドロップダウンリストではなしが選択されていないかぎり、追加の入力ボックスである%sの半径があります。この値を入力してそれぞれの放射軸でオフセットを設定できます。これはこのオフセットは半径線の終わりの位置(この放射軸とは垂直)からのオフセット値です。


表示

外側の軸 n または 内側の軸 n ページでは、放射軸を表示するか、表示するならどこに表示するかという内容を設定できます。

表示チェックボックスはその放射軸を表示するかどうか指定します。

軸位置ツリーノードは選択した放射軸をどこに表示するか指定します。

リファレンス このドロップダウンリストは放射軸を極座標図の内側と外側に表示するか、あるいは内軸に表示して方位軸の角度を使用するか時計の位置を使用するかという、軸の位置のリファレンスを指定します。
  • 角度軸
    このオプションが選択されていると、軸が内側の軸となり、軸の位置は、角度軸のスケール設定に関連します。これは放射軸の構成ダイアログ角度として位置タイプを設定することと同じです。
  • 時計目盛板
    このオプションを選択すると、軸は内側の軸となり、その軸位置は時計の目盛版の方向で設定されます。これは放射軸設定ダイアログ位置の種類時計を選択した場合と同じです。
  • フレームの境界
    この選択肢が選ばれている場合、その軸は外軸となります。この軸はフレームの境界線に垂直なオフセットあり/なしで存在します。
角度 このドロップダウンはリファレンス角度軸が選択されている時のみ表示されます。これは軸の位置を角度で指定します。
  • 開始角度
    放射軸の開始地点を方位軸の開始角度、開始角度(度)で定義、にします。
  • 終了角度
    放射軸を方位軸の終了角度、方位軸のスケールページ内にある開始値で定義、に配置します。
  • %開始角度から
    放射軸の位置を定義するために、開始角度に対するパーセンテージのオフセットを使用します。オフセットは値(角度軸単位)ボックスで定義します。
  • %終了角度から
    放射軸の位置を定義するために、終了角度に対するパーセンテージのオフセットを使用します。オフセットは値(角度軸単位)ボックスで定義します。
  • 角度
    放射軸の位置を定義するために、任意の角度を使用します。値は、(角度軸単位 )ボックスで定義します。
値 (方位軸単位 ) この入力ボックスは角度のドロップダウンリストで%開始角度からまたは%終了角度から角度がセットされていない場合だけ表示されます。方位軸単位 は、方位軸のスケールタブで定義された単位に対応しています。
  • もし角度ドロップダウンボックスで%開始角度からまたは%終了角度からをセットしている場合、そのパーセントのオフセット値はリファレンス角度からその値分だけを遠ざけます。
  • 角度ドロップダウンボックスで角度を設定する場合、それは実際の角度値を指し、その場所に放射軸を配置します。
時計 このドロップダウンメニューはリファレンス時計目盛板のラジオボタンが選択されている時に使用できます。これには4つのオプション、3時、6時、9時、12時があります。この軸位置は方位軸によって変更されません。
このドロップダウンメニューはリファレンスフレームの境界のラジオボタンが選択されている時に使用できます。これには8つのオプションがあり、フレーム外側の特定の位置に放射軸を配置します。
垂直移動 このチェックは垂直方向にオフセットを行うか指定します。
 % の半径 この入力ボックスは、垂直移動を選択した時のみ利用可能です。この値は放射軸のパーセントオフセットを定義します。これは、放射軸設定ダイアログの放射%と同じように設定します。
流れの方向 このオプションは目盛、目盛ラベル、タイトルの向きを指定します。方位軸の配置と放射軸のリファレンスタイプに応じます。現在の設定の下の、正の流れ方向を示すダイアログにヒントが提供されます。負の方向は、正の方向と逆なだけです。

スケール

このページは、全ての放射軸の軸の範囲、軸のタイプ、刻みの位置等をコントロールできます。この内容は基本的に一般的な2D軸ダイアログのスケールタブと同じですが、1つだけ極座標の放射軸にのみあるチェックボックスがあります。

中心の価(%)

開始値から中心への距離を指定するには、開始値から終了値までの距離のパーセント値を入力します。

例えば、放射軸が50 から100の距離で40を中心に置きたい場合、このようにパーセント値を入力します。:
(開始値-中心値) / (終了値-開始値) *100% = (50-40) / (100-50) *100% = 20%

デフォルトでは、0に設定されています。このチェックボックスにチェックがついている場合、極座標グラフの中心は放射軸の開始がどのような値であっても原点(r=0)に固定されます。


Note: Origin 2020から、 放射軸では開始=-0.2 および 終了=1.0 のような範囲もサポートしています。以前のように負のポイントが反対側の象限に表示されません。また、放射軸を反転、つまり、開始の値が終了の値より大きくなり、増分が負の値である設定も可能です。以下の円形の樹形図を参照してください。

Reverse Radial Axis.png


目盛ラベル

このタブでは、特定の放射軸の目盛ラベルを編集できます。

表示 このタブでは、目盛ラベル表示のコントロールか利用可能です。これは、標準的な2Dグラフ軸ダイアログの目盛りラベルの表示フォーマットコントロールと同じです。
フォーマット このタブは目盛ラベルフォーマットについて制御します。これは、一般的な2Dグラフの軸ダイアログのフォーマットタブと設定と同じですが、テキストの折り返しオプションはありません。
副目盛りラベル このタブは、副目盛のラベルを編集するときに使用します。このコントロールは一般的な2D軸ダイアログの副目盛ラベルタブとほぼ同じです。

タイトル

このタブは放射軸のタイトルを制御するのに使用します。

表示チェックボックスは特定の放射軸のタイトルを表示するかどうか指定します。

他の項目は一般的な2D軸ダイアログのタイトルページと同じです。


グリッド線

このページは放射軸のグリッド線をカスタム化するオプションを提供しています。つまり、方位軸に対して平行に並ぶ円の事です。

主グリッドと副グリッド線はそれぞれ主グリッド線副グリッド線のツリーノードでカスタム化できます。これら2つのツリーノードは対応する一般的な2D軸ダイアログの グリッド線タブと同じです。


線と軸目盛(内部と外部)

このタブでは、角度軸の線と軸目盛のスタイルを編集します。

表示チェックボックスは特定の放射軸の軸と軸目盛を表示するかどうか指定します。

他の項目は一般的な2D軸ダイアログの軸と軸目盛ページと同じです。

参照線

一般的な2次元座標グラフと同様に、参照線タブで放射軸にも参照線を追加することが出来ます。

このオプションについては、一般的な座標での参照線タブ をご参照ください。

放射軸では、参照線は円または開始値から終了値までの角度の部分円になります。

特別な軸刻み(内部と外部)

このタブでは、放射軸の特殊ラベルの追加/削除/編集を行います。

他の項目は角度軸の特別な軸刻みページと同じです。


クロップ

Crop ボタンをクリックして、その他 ダイアログを開きます。この四角形で定義された範囲外のグラフは切り落とされます。

有効にする このチェックボックスにチェックすると、クリッピングが有効になります。このチェックボックスが選択されないと、このページの他の項目はアクティブになりません。
単位 四角形の大きさを定義する単位を選択します。
  • ページに対する%
    これが選択されると、高さのテキストボックスの値は、グラフページの高さと幅のパーセンテージで表示されます。
  • インチ, cm, mm, ピクセル, ポイント
    高さの絶対単位を指定します。
高さ この入力ボックスは四角形の左側の線の位置を指定します。
この入力ボックスは四角形の上側の線の位置を指定します。
この入力ボックスは四角形の幅を指定します。
高さ この入力ボックスは四角形の高さを指定します。

その他へ適用

適用先 ボタンをクリックして、適用先 ダイアログを開きます。このダイアログは、ダイアログ下部にある、適用先ボタンをクリックすると開きます。目盛ラベルや軸と軸目盛、グリッド線のフォーマットを指定して、ソース軸から他の軸に適用できます。

このページは一般的な2D軸ダイアログのその他へ適用ページと同じように作用します。