クイックフィット


概要

クイックフィットガジェットは、グラフ内のプロットデータに対して柔軟かつ簡単に線形フィット非線形曲線フィットを実行できます。このツールによりROI(関心領域)オブジェクトが作成され、ROIをドラッグして曲線の範囲を選択してその範囲で素早くフィット処理します。
QuickFitMenu.png

クイックフィットガジェットでは、

  • ROIボックスの移動やサイズ変更により、フィットするデータの範囲を変更することが出来ます。
  • お気に入りのフィット関数のリストを維持できます。
  • 豊富な組み込みフィット関数やユーザー定義関数からお気に入り関数リストに簡単に追加できます。
  • ROIの上にパラメータ値および/またはフィット統計値を表示できます。
  • グラフレイヤの複数のデータセットまたは同じデータセットの複数の範囲に対するフィット操作をインタラクティブに実行できます。
  • フィット結果をワークシートに追加し、複数のフィット操作を統合した結果を得ることができます。
  • データ範囲、関数、およびパラメータ値のガジェット設定を使用して、より高度なNLFitツールを起動します。
  • フィット曲線上でX/Y値を探します。
  • 繰り返し使用するために、関数を含む設定をテーマファイルに保存します。
クイックフィットガジェットを開く

クイックフィットガジェットを使用するには、グラフウィンドウがアクティブな時にメニューからガジェット: クイックフィットを選択します。

設定タブ

フィットモード ドロップダウンリストを使って多項式フィットまたは非線形曲線フィットを選びます。選択後、関数ドロップダウンリストに対応する関数が表示されます。
関数 フィットを実行する関数を選択できます。このリストにはさらに関数を追加でき、<詳細>オプションを選択してクイックフィットの関数リストの編集ダイアログを開くと可能です。


関数リストの編集

EditFunctionList QuickFit.png
このダイアログでは、クイックフィットの関数リストで表示される関数を追加、削除できます。ドラッグアンドドロップするか、右クリックメニューの上に移動/下に移動で関数の順番を変えることもできます。
図上値によるフィット このチェックボックスは、フィットモードが多項式フィットの場合に利用できます。

現在の軸スケールに基づき、見かけの値を使用してフィットするかどうかを指定します。例えば、指数関数的に減衰するデータを対数スケールでプロットした場合にこのチェックを付けると、直線でフィットさせることができます。

このチェックボックスにチェックを付け、データにそれに関連する誤差値がある場合、Originは正または負の誤差のうち大きい方を重みとして使用します。

図上値によるフィットは、Log10などの非線形軸を持つグラフからフィットを開始する場合にのみ有効です。このオプションにチェックを付けた場合、まず軸のタイプに従って生データを新しいデータ空間に変換し、変換されたデータに対してフィッティングを実行します。つまり、図上値によるフィットは、ワークシートの生データを変換してからフィッティングを実行することと同じです。


ROI ボックスタブ

ROI(関心領域)の設定を指定します。フィットはROI範囲内で実行されます。

Xスケール 開始 ROIの開始X値を指定します。
Xスケール 終了 ROIの終了X値を指定します。
固定 - ROIによる移動を防ぐ ROIボックスのXスケールを固定するかどうか指定します。このチェックボックスにチェックを付けると、ROIボックスの移動とサイズ変更は不可になります。
ツール名を表示する グラフ上にツール名を表示するかどうかを指定します。
フィット後に四角を表示 フィット後にグラフ上に四角形を重ねて表示するか指定します。
有効桁数 有効桁数を指定します。デフォルトでは システム 有効桁数がオプションダイアログに設定されます。詳細は、システム桁数を参照してください。
ROIボックス上中央への表示

ROIボックスの上部中央に表示する値を指定します。

あるいは、カスタムラベルにチェックを付けてテキストボックス内にテキストを入力して指定することもできます。

UG QFit gadget custom label.png
  • Origin 2022b 以降のバージョンで可能です。
  • 以下のように、(a) リテラルテキスト、(b) エスケープシーケンス(ギリシャ文字の記号や上付き文字など)、(c)カスタム変数を組み合わせてカスタムラベルを作成します。Originのカスタムフォーマットを使用して小数点以下の桁数などを指定します。
  • カスタムラベルは保存され、新しい出力を選択すると更新されます。
  • カスタムラベルはダイアログテーマの一部として保存可能です。
ダイアログでの名称 カスタム変数 サンプル
補正R二乗 chisqr Chi-Square \g(c)\+(2) = $(chisqr, .2)
R二乗 cod R-Squared r\+(2) = $(cod, .2)
ピアソンのr r r = $(r, .2)
Y切片 intercept Y Intercept = $(intercept, .2)
傾き slope Slope = $(slope, .2)
X切片 xintercept X Intercept = $(xintercept, .2)
パラメータリスト フィット関数のすべてのパラメータはツリーノードに表示され、必要に応じて選択し、ROIの上部中央に表示できます。
塗り色 ROIボックスの色を指定します。
フィット曲線タブ フィット曲線の色を指定します。

ラベルボックスタブ

このタブでは、グラフ上に貼り付けられる結果を表示するテキストボックスの内容を設定できます。

グラフにラベルボックスを付加 ソースグラフに結果のテキストボックスを貼り付けるかどうかを指定します。
有効桁数 有効桁数を指定します。システム は、オプションダイアログでの設定を使用します。詳細は、システム桁数を参照してください。
関数 フィット関数名を表示するかどうか指定します。
入力 ラベルボックスに入力データセット名を表示するかどうか指定します。以下のオプションがあります。
  • なし
    入力データセットの名前を出力しません。
  • [ブック]シート!ショートネーム
    [ブック]シート!ショートネームの形式で入力データセット名を表示します。
  • [ブック]シート!ロングネーム
    [ブック]シート!ロングネームの形式で入力データセット名を表示します。
  • ロングネームのみ
    入力データセットのロングネームのみ表示します。
  • プロット凡例
    プロットの凡例として表示します。
範囲 ラベルボックスに入力データセットの範囲を表示するかどうか指定します。以下のオプションがあります。
  • なし
    範囲を表示しません。
  • インデックス
    インデックス(行番号)を使って入力データセットの範囲を表示します。
  • X値
    X値を使って入力データセットの範囲を表示します。
出力 ラベルボックスにフィットデータセット名を表示するかどうか指定します。
  • なし
    フィットデータセットの名前を出力しません。
  • [ブック]シート!ショートネーム
    [ブック]シート!ショートネームの形式でフィットデータセット名を表示します。
  • [ブック]シート!ロングネーム
    [ブック]シート!ロングネームの形式でフィットデータセット名を表示します。
  • ロングネームのみ
    フィットデータセットのロングネームのみ表示します。
  • プロット凡例
    プロットの凡例として表示します。
凡例シンボルの追加 ラベルボックスに凡例シンボルを追加するかどうか指定します。
数式 パラメータ名または、パラメータ値を使ったフィット関数の数式を表示します。
パラメータ表 出力するフィットパラメータを指定します。
  • なし
    フィットパラメータを出力しません。
  • 全パラメータ
    パラメータ全てを出力します。
  • ROIボックスのタブ設定を使う
    ROIボックスタブで選択したパラメータを出力します。
パラメータ表にエラー値を表示する パラメータの標準誤差を表示するかどうか指定します。
自由度あたりカイ二乗 自由度あたりカイ二乗を表示するか指定します。
R二乗 R二乗を表示するか指定します。
ピアソンのr ピアソンのr(相関係数)値を表示するかどうか指定します。

レポートタブ

ソースグラフに貼り付けられる結果のテキストボックスのほかに、フィットレポートを他の出力先に出力することもできます。詳細な設定はこのタブで指定できます。

出力先 レポートの出力先を、なしスクリプトウィンドウ結果ログワークシートから選択します。

ワークシートに出力する場合、次のオプションを利用できます。

  • 結果は、デフォルトで [Qkfit]Result に出力されますが、ほかのブックやシートを指定することもできます。指定したブックやシートがない場合、作成して出力します。
  • もう一つの方法として、ワークシート名の右側にあるフライアウトボタンGadget flyout button.pngをクリックして、入力ブック内のシートを選択します。これにより、編集ボックスには[<input>]Resultが入力されます。結果は、元データのワークシートResultに出力されます。
有効桁数 有効桁数を指定します。システムに設定すると、オプションダイアログでの有効桁数の設定を使用します。
関数 フィット関数名を出力するかどうか指定します。
入力 レポートに入力データセット名を表示するかどうか指定します。以下のオプションがあります。
  • なし
    入力データセットの名前を出力しません。
  • [ブック]シート!ショートネーム
    [ブック]シート!ショートネームの形式で入力データセット名を表示します。
  • [ブック]シート!ロングネーム
    [ブック]シート!ロングネームの形式で入力データセット名を表示します。
  • ロングネームのみ
    入力データセットのロングネームを表示します。
  • プロット凡例
    凡例のように表示します。
範囲の追加 レポートに入力データセットの範囲を表示するかどうか指定します。以下のオプションがあります。
  • なし
    範囲を表示しません。
  • インデックス
    インデックス(行番号)を使って入力データセットの範囲を表示します。
  • X値
    X値を使って入力データセットの範囲を表示します。
出力 レポートにフィットデータセット名を表示するかどうか指定します。
  • なし
    フィットデータセットの名前を出力しません。
  • [ブック]シート!ショートネーム
    [ブック]シート!ショートネームの形式でフィットデータセット名を表示します。
  • [ブック]シート!ロングネーム
    [ブック]シート!ロングネームの形式でフィットデータセット名を表示します。
  • ロングネームのみ
    フィットデータセットのロングネームを表示します。
  • プロット凡例
    プロットの凡例として表示します。
数式 フィット関数の数式を出力するかどうか指定します。
  • なし
    フィット関数の数式を出力しません。
  • パラメータ名による関数式
    数式をパラメータ名で出力します。
  • パラメータ値による関数式
    フィットしたパラメータの値で関数式を出力します。
パラメータ表 パラメータ表を出力するか指定します。
  • なし
    フィットパラメータ表を出力しません。
  • 全パラメータ
    パラメータ全てを出力します。
  • ROIボックスのタブ設定を使う
    ROIボックスタブで選択したパラメータを出力します。
パラメータ表にエラー値を表示する パラメータの標準誤差を出力するかどうか指定します。
自由度あたりカイ二乗 自由度あたりカイ二乗を出力するかどうか指定します。
R二乗 R二乗値を出力するか指定します。
ピアソンのr ピアソンのr(相関係数)値を出力するかどうか指定します。

フィット曲線タブ

フィット曲線の設定を指定します。

Xデータ型 フィット曲線のX値を生成する方法を指定します。
  • ソースXに同じ
    フィット曲線のX値は入力X値と同じになります。
  • ソースグラフのスケールタイプを使う
    ソースデータのスケールタイプでフィット曲線のX値がプロットされます。
  • 線形に均一なX
    フィット曲線のX値が等間隔な線形スケールにプロットされます。
ポイント数 フィット曲線のポイント数を指定します。
範囲 このオプションは、Xデータタイプ均一Xまたは対数間隔の場合のみ利用できます。これは、フィット曲線のX値の範囲を指定します。次のオプションから1つを選択します。
  • X範囲 ± %
    下にある範囲マージン(%)テキストボックスで指定する入力データと範囲マージンのX範囲を使用します。
  • 全X軸範囲
    X値を軸全体に設定します。
  • カスタム
    下にある最小値最大値に最小X値と最大X値を入力します。
範囲マージン(%) このオプションは、X範囲 ± %範囲で選択されているときのみ有効です。フィット曲線を拡張する範囲の余白を指定するのに使用します。
フィット曲線の出力先: フィット曲線データの出力先を指定します。

ROIの設定

クイックフィットの関数を選択すると、下の図のようにグラフ上に黄色(デフォルトの設定)の矩形が追加されます。

QuickFit ROI.png

ROIボックスの右上には小さいボタンが2つ配置されています。ROI close.pngボタンをクリックするとROIボックスが閉じ、ROI menu.pngをクリックすると以下のメニューが開きます。

ROI menu2.png

新しい出力 現在の曲線のフィット結果を出力します。何を出力したいかはラベルボックスタブレポートタブで指定します。
すべての曲線で出力(N) 現在のレイヤの全ての曲線のフィット結果を出力します。
すべてのレイヤで出力(L) 現在のグラフの全てのレイヤにある全曲線のフィット結果を出力します。
最後の出力を更新 出力されたラベルボックスレポートを更新します。
レポートシートに行く レポートワークシートを作成済みの場合、アクティブ化します。
データ変更 フィットデータ/プロットを変更します。デフォルトでは、フライアウトメニューで自動モードチェックが入っています。つまり、ターゲットとなるデータ・プロットはグラフのROIボックス外のハイライトされたデータ・プロットに従います。

Origin 2019より前のバージョンでは、この自動モードを対応していません。ターゲットとなるデータ・プロットを変更するにはポップアップリストから選択しなければなりません。

このリストでは、データセット・プロットの最初の20列までが表示されます。20以上のプロットがグラフ中にある場合は、プロットリストの一番下にあるMore...をクリックして、プロットの選択ダイアログを開いて他のプロットを選択します。

関数変更 フィット関数を変更します。
プロット群の最大範囲に拡大する ROIを全プロット範囲に拡大します。
ROI位置の固定 ROI位置を固定します。これは、ROIボックスタブの固定-ROIによる移動を防ぐのチェックボックスと同じです。
NLFit/多項式フィット/線形フィットに行く... NLFit/多項式フィット/線形フィットダイアログを開きます。ROI範囲および指定したフィット関数の設定はNLFit/多項式フィット/線形フィットダイアログに引き継がれます。
X/Y検索 特定Y/XにX/Y値を計算するため使用するクイックフィットX/Y検索 ダイアログが開きます。
テーマに名前を付けて保存 クイックフィット設定をテーマとして保存します。
テーマのロード クイックフィットの設定をロードします。
設定 クイックフィット設定ダイアログボックスを開き、クイックフィットのの設定を変更します。

このダイアログではフィット関数の変更はできないので注してください。フィット関数を変更したい場合は、上述のフィット関数変更メニューを使用します。フィット関数を線形または多項式にした場合、このダイアログの設定タブの図上値によるフィットを利用できます。