離散度数ダイアログボックス


サポート情報

再計算

再計算

分析結果の再計算を制御します。

  • なし
  • 自動
  • 手動

詳細情報は、 分析結果の再計算をご覧下さい。

入力データ形式

インデックス

1つ以上のサンプルデータ列と因子(グループ)列を入力データとします。

素データ

1つ以上のサンプルデータ列を入力データとします。

入力

入力データ形式インデックスが選択されている場合

グループ範囲

グループデータを入力します。

範囲の設定に関する詳細は、入力データの指定をご覧ください。

データ範囲

離散度数解析を実行するデータを入力します。

範囲の設定に関する詳細は、入力データの指定をご覧ください。

入力データ形式素データが選択されている場合

入力

離散度数解析を実行するデータを入力します。

計算する値

カウント

各離散値のカウント計算します。

相対度数

各離散値の相対度数を計算します。詳細は アルゴリズムをご覧下さい。

累積度数

各離散値の累積度数を計算します。詳細は アルゴリズムをご覧下さい。

度数

度数の形式を指定します。相対度数または累積度数のどちらかが選択されているときに利用できます。

  • 小数
    度数を小数で出力します。
  • パーセント
    度数をパーセントで出力します。

大文字小文字の区別

2つの値が同じかどうかを判別する際に、大文字と小文字を区別するか指定します。

度数ゼロのカテゴリを表示

カテゴリが見つからない場合、カテゴリを表示してカウントデータとして0を表示するか指定します。

ソート

ソート

出力列をソートするか指定します。

  • カウントを昇順
  • カウントを降順
  • 値を昇順
  • 値を降順
  • カテゴリー順

カテゴリー順を選択すると、出力列は列プロパティのカテゴリータブで編集されたカテゴリー順に従います。

結果の出力

結果を出力する場所を指定します。

出力結果についてはこちらを確認してください: