(作図の詳細)『接続線』タブ


ボックスチャートに接続線を追加して、平均値ポイント、中央値ポイント、データポイント、パーセンタイルをつなぎます。接続線タブでこれらの接続線をカスタマイズします。

Customizing the Box Chart Connect Lines Tab Controls 01.png

平均値接続線

ボックスチャートのボックスの平均値ポイントを接続することができます。これは平均値接続線の表示を制御します。

線種 このドロップダウンリストから平均値接続線の線種を選択します。
線の太さ このコンビネーションボックスでは平均値接続線の太さを選択または入力します。線の幅はポイント単位とし、1ポイント= 1/72インチとなります。
線の色 平均値接続線の色を指定します。

Note: のオプションが自動に設定されている場合、線の色は最初のブロットの境界色に従います。

中央値接続線

ボックスチャートのボックスの中央値ポイントを接続することができます。これは中央値接続線の表示を制御します。

線種 このドロップダウンリストから中央値接続線の線種を選択します。
線の太さ このコンビネーションボックスでは中央値接続線の太さを選択または入力します。線の幅はポイント単位とし、1ポイント= 1/72インチとなります。
線の色 中央値接続線の色を指定します。

Note: のオプションが自動に設定されている場合、線の色は最初のブロットの境界色に従います。

データポイント接続線

ボックスチャートのボックスの検定ごとのデータポイントを接続することができます。このチェックボックスは、ボックスの種類にデータがある場合にのみ有効です。これはデータポイント接続線の表示を制御します。

線種 このドロップダウンリストからデータポイント接続線の線種を選択します。
線の太さ このコンビネーションボックスではデータポイント接続線の太さを選択または入力します。線の幅はポイント単位とし、1ポイント= 1/72インチとなります。
線の色 データポイント接続線の色を指定します。

Note: のオプションが自動に設定されている場合、線の色は最初のブロットの色に従います。

パーセンタイル接続線

ボックスチャートのボックスのパーセンタイルを接続することができます。これはパーセンタイル接続線の表示を制御します。

線種 このドロップダウンリストからパーセンタイル接続線の線種を選択します。
線の太さ このコンビネーションボックスではパーセンタイル接続線の太さを選択または入力します。線の幅はポイント単位とし、1ポイント= 1/72インチとなります。
線の色 パーセンタイル接続線の色を指定します。

Note: のオプションが自動に設定されている場合、線の色は最初のブロットの境界色に従います。

パーセンタイル(%)

編集ボックスにカスタムパーセンタイル値を入力します。
Note: 25 75のように数値をスペースで区切って入力します。

透過率

線の透過率を変更します。コンビネーションボックスに直接整数(1から100)を入力するか、目盛りをスライドして値を決めます。なお、0は完全に不透明で、100は完全に透明になっています。

サブグループ内で接続する

このチェックボックスにチェックを付けると同じサブグループ内の要素のみを接続線でつなぎます。チェックを外すとサブグループに関係なくすべての要素を接続します。

シンボルとの間隔

このグループは、パーセンタイルシンボルやデータシンボルが有効な場合に、利用できます。シンボルとの間隔チェックボックスを使って、シンボルと接続線の間の間隔を追加するかどうかを指定します。

前面に線を描く/背面に線を描く

「線+シンボル図」の線をどのように描くのか(線をシンボルの「前面に描く」か「背面に描く」のか)を指定することができます。このラジオボックスは、シンボルの間隔のチェックボックスにチェックが外れているときにのみ有効です。