レイヤ配置ダイアログボックス

レイヤ配置ツールはm*nレイヤのグラフを変更するために使います。

Arrange Layers.png


このダイアログボックスを開くには

  • ページレベルのミニツールバーでレイヤ配置ボタンPopup Arrange Layers.pngをクリックする
  • グラフ操作:レイヤ配置...メニューを選択する
  • レイヤアイコンを右クリックして、レイヤ配置を選択する
  • オブジェクトマネージャのグラフレベルを右クリックしてレイヤ配置を選択する


このツールではM行N列のグリッドに配置することを前提としています。このボックスでグリッド内の行の数を指定することができます。

このツールではM行N列のグリッドに配置することを前提としています。このボックスでグリッド内の列の数を指定することができます。

レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整 レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整するかどうか設定します。
ページサイズ

レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整のチェックを外すとページサイズのブランチが表示されます。グラフページのサイズを編集できます。

単位
高さの単位を指定します。
選択されたグラフページの幅を設定します。
高さ
選択されたグラフページの高さを設定します。
間隔
単位
グラフの余白の単位を設定します。
Note: レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整が選択されている場合にはインチ,cm,mm,ピクセル,ポイントで指定できます。レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整が選択されていない場合にはページに対する%でも指定できます。
水平の間隔
このテキストボックスを使用して、2つの隣接するレイヤー間の水平方向のギャップを指定します。
垂直の間隔
このテキストボックスを使用して、2つの隣接するレイヤー間の垂直方向のギャップを指定します。