plot_gboxindexed

メニュー情報

作図> 2D: グループ化したグラフ: グループ化したボックスチャート - インデックスデータ

概要

インデックスデータでグループ化されたボックスチャートを作成します

追加の情報

必要なOriginのバージョン: 9.1 SR0以降

2021b以降では、グラフテンプレートの指定が可能です。

コマンドラインでの使用法

1. plot_gboxindexed -r 1 irng:=1!B"Machine" group:=1!A"ID" theme:=<Original>;

2. plot_gboxindexed irng:=[Book10]1!2 group:=[Book10]1!1 theme:="Box_Column Scatter";

3. plot_gboxindexed -r 1 group:=[Book1]nitrogen!A"plant" template:=C:\Users\shirley\Documents\OriginLab\UserFiles202002\MygBox.otpu theme:=Box_HalfBox;

Xファンクションの実行オプション

スクリプトからXファンクションにアクセスする場合、追加のオプションスイッチについてのページを参照してください。

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
データ列 irng

入力

Range

<active>
入力データ範囲を指定
グループ列 group

入力

Range

<unassigned>
グループ¥範囲を指定します。
グラフテンプレート template

入力

int

<auto>
グラフにフォーマットや設定を適用するグラフテンプレートを指定します。自動にチェックを付けると、デフォルトテンプレートであるgbox.optuを使用します。指定する場合はチェックを外し、...ボタンをクリックしてテンプレートファイルを指定します。
グラフテーマ theme

入力

string

<unassigned>
組み込みグラフテーマを指定(例: theme:="Box_Column Scatter") 名称にスペースがある場合、引用符で囲みます。

"Box_Column Scatter", "Box_Connect Mean Line", "Box_Dashed Whisker Thick Median", "Box_Data in Line", "Box_Filled Diamond", Box_HalfBox, Box_HalfViolin, Box_I-shaped, "Box_Independent Line Colors", "Box_Interval Plot", "Box_Mean Bar with SE", Box_Violin, "Box_Whisker without Cap"

出力データ rd

出力

ReportData

[<input>]<new>
アンスタックしたデータを出力する範囲を指定します。

説明

このXファンクションは、インデックスデータからグループ化ボックスチャートを作成します。入力範囲とグループ範囲を指定できます。また、組み込みのボックスチャートのグラフテーマも適用できます。

Note: Origin 2017以前のバージョンでは、このXファンクションをLabTalkスクリプトから呼び出せません。スクリプトからグループ化ボックスチャートをプロットするには、以下を使用します。

worksheet -px

サンプルは以下の通りです。

worksheet -px ? gbox plot_gboxindexed irng:=[Book1]Sheet1!(B,C) group:=[Book1]Sheet1!col(D);//入力Yとして列Bと列C、グループ範囲として列D worksheet -px ? gbox plot_gboxindexed group:=[Book1]Sheet1!(3,4) theme:="Box_I-shaped";//入力Yとしてデータ範囲を、組み込みのBox_I-shapedテーマのグループ化範囲として3列目と4列目をアクティブにする。

Note: Origin 2018 SR0から、グループ数がLabTalkシステム変数@NCによって制御されるしきい値を超えると、メッセージが表示されます。

サンプル

doc -s; doc -n; newbook; //"<Origin EXE Folder>\Samples\Graphing"の"Categorical Data.dat"ファイルをインポート string fn$=system.path.program$ + "Samples\Graphing\Categorical Data.dat"; impASC fname:=fn$; //インポートされたワークシートをアクティブにしてXファンクションplot_gindexed を呼び、 //列CとDをグループ範囲としてテーマ"Box_Filled Diamond"を使ってB列をプロット plot_gboxindexed irng:=[%H]1!col(B) group:=[%H]1!(C,D) theme:="Box_Filled Diamond";
Gboxindexed ex 01.png

関連するXファンクション

plotgboxraw, legendbox