cvexport


メニュー情報

ファイル: イメージのエクスポート

概要

アクティブイメージをファイルとしてエクスポート

コマンドラインでの使用法

cvExport type:=jpg name:=Image001 path:=D:\ImageFolder;

cvExport type:=tif dpi:=93 geotiff:=1 path:=D:\DataFile;

Xファンクションの実行オプション

スクリプトからXファンクションにアクセスする場合、追加のオプションスイッチについてのページを参照してください。

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
img

入力

ImagePage

<active>

エクスポートする画像です。デフォルトではアクティブイメージです。

ファイルの種類 type

入力

int

0

エクスポート形式を設定します。

オプションリスト

  • 0=bmp: BMP
  • 1=gif: GIF
  • 2=jpg: JPG
  • 3=png: PNG
  • 4=tif: TIF
全フレームを含める all

入力

int

1

すべてのフレームをエクスポートします。

オプションリスト

  • 0 = false
  • 1 = true
フレーム数/秒 fps

入力

double

2

1秒あたりのフレーム数。すべてのフレームに設定しているときのみ利用可能です。

DPI dpi

入力

int

96

DPI値を指定します。

グレースケールGeoTIFFとしてエクスポート geotiff

入力

int

0

tifファイル(type:=tif) をエクスポートするときに、画像をグレースケールGeoTIFFとしてエクスポートするか指定します。

オプションリスト

  • 0 = false
  • 1 = true
GeoTIFFオプション trgeo

入力

TreeNode

<unassigned>

GeoTIFF画像設定を指定します。グレースケールGeoTIFFファイル (geotiff:=1)として画像をエクスポートする場合、画像のGTモデルを変更できます。

ファイル名 name

入力

string

<自動>

エクスポートするイメージのファイル名を指定します。

ファイルパス path

入力

string

path$

エクスポートするイメージのパスを指定します。

幅(ピクセル単位) width

入力

int

0

ピクセル数で表したグラフの幅読み取り専用です。

高さ(ピクセル単位) height

入力

int

0

ピクセル数で表したグラフの高さ読み取り専用です。


説明

cvExportは、画像を画像ファイルとしてエクスポートします。4つの種類 (BMP, JPG, PNG, TIF) がサポートされています。


関連するXファンクション

expImage


キーワード:エクスポート