値の設定ツールのメニューとダイアログのオプション

目次

計算式メニュー

計算式メニューにある項目は、計算式の保存やロードなどの計算式の操作を行うのに使います。

サンプルのロード

サンプルの計算式をロードします。

ロード

保存した計算式をロードします。

保存

実行前の処理スクリプトタブとPython関数タブの内容を含め、現在の式を保存します。

名前を付けて保存

計算式に別の名前を付けて保存します。

列ラベル行F(x)= セルに計算式を直接読み込むこともできます。セルを選択し、列:ユーザー式入力を選択するか、セルを右クリックしてロードを選択します。

wcol(1)メニュー

Origin は現在のワークシートのすべての列をWCol(N): ショートネーム"ロングネーム"という形式でリストアップします(Nは列のインデックス)。計算式で列を参照して使う場合、ここから1つを選択して、列の計算式実行前の処理スクリプトに列を追加することができます。選択した列を列の計算式編集ボックス、実行前の処理スクリプトのどちらに追加するかどうかは、カーソルの位置によります。

WCol(N): ショートネーム"ロングネーム"

このメニュー項目を選択すると、wcol(N)計算式、または、実行前の処理スクリプトに追加することができます。 N は列のインデックスです。

列ブラウザ

これを選択すると、列ブラウザダイアログガ開き、ここで追加する列を選択することができます。

Col(A) メニュー

Origin は現在のワークシートのすべての列を、Col(A): Timeのように、Col(ショートネーム): ロングネームの形式でリストアップします。計算式で列を参照して使う場合、ここから1つを選択して、列の計算式実行前の処理スクリプトに列を追加することができます。選択した列を列の計算式編集ボックス、実行前の処理スクリプトのどちらに追加するかどうかは、カーソルの位置によります。

ロングネームを優先

列を特定するのに、Col(ロングネーム): ショートネームのように、ロングネームを優先します。

Col(ショートネーム): ロングネーム

このメニュー項目を選択してCol(ロングネーム)計算式または実行前の処理スクリプトに追加できます。

列ブラウザ

これを選択すると、列ブラウザダイアログガ開き、ここで追加する列を選択することができます。

関数メニュー

このメニューは計算式に、組み込みの関数を追加するのに使用します。関数を選択して、列の計算式または実行前の処理スクリプトのどちらかに追加することができます。関数はカーソル位置に挿入されます。

最近使用したもの

使用された関数は自動的にこのメニューに追加されます。

検索と挿入…

関数の検索と挿入ダイアログを開き、組み込みのLabTalk関数を検索できます。

異なるカテゴリーの関数

列の計算式または実行前の処理スクリプトに追加する関数を選択します。関数についての詳細は、LabTalkがサポートしている関数を参照してください。

変数メニュー

このメニューのオプションは、Origin 8.1 SR0からサポートされています。メニューコマンドを使用して、実行前の処理スクリプト編集ボックスに変数を挿入します。

事前定義変数

変数または定数を列の計算式、または、実行前の処理スクリプトに追加します。利用できる変数と定数は以下の通りです。

  • This
    現在の列を使用します。Thisn は、現在の列のn 番目のセルを参照します。
    Note: この変数は、スプレッドシートセル表記が有効な時だけ利用できます。また、実行前の処理スクリプト編集ボックスでは使用できません。
  • [i]
    行インデックスを使用します。
  • pi
    これは定数PIです。
  • j
    列インデックスを使用します。
  • wcol(j)
    これは現在の列です。
プロジェクト変数 プロジェクト変数を列の計算式または実行前の処理スクリプトに追加します。10個のプロジェクト変数(および、その値)まで、サブメニューにリスト表示されます。サブアイテムの詳細をクリックしてプロジェクト変数ダイアログを開いて、から 全てのプロジェクト変数を表示・選択します。
範囲変数の追加

レンジブラウザ が開き、範囲変数を定義するのに役立ちます。

変数情報の追加

変数の挿入ダイアログの情報タブが開き、ページオブジェクト内の変数値やファイルメタデータを挿入することができます。

ここで役に立つオプションの一つとしてキー変数値をシステム変数v1 - v4への格納があります。これにより、限られた数の数値(データ型=double)の値をワークブックに格納できます。これについての説明は、このセクションの最後にあるサンプルを確認してください。

列ラベルセルの追加

変数の挿入 ダイアログ のラベルタブが開き、列ラベルセルから変数を挿入するのに役立ちます。ヒント: 挿入するラベルセルデータを含むブック、シート、列を選択するために右パネルを使用します。

選択から範囲変数を追加 値の設定ダイアログを最小化し、ワークシートからインセットできるようになります。
選択から列ラベルセルを追加 値の設定ダイアログを最小化してラベル列を指定し、変数を入力出来るようになります。

最初に選択から範囲変数を追加メニューで、範囲変数が追加されたとき、挿入モードダイアログが表示され、範囲を参照する異なるシンタックスを選択できます。利用可能なオプションは、列表記: Col(A)ロングネーム : Aショートネーム : A および インデックス : wcol(1)です。

サンプル: SYSTEM変数を列式に挿入する

ワークブックには、4つの数値(double)と4つの文字列変数値を格納できます。これらの事前定義システム変数 は、とりわけ、列値の計算で使用する主要なワークブック固有の値を格納するために使用できます。

  1. 新しいワークブックウィンドウを開きます。これは、列値の計算に使用する予定のワークブックです。
  2. ワークブックウィンドウをアクティブにして、スクリプトウィンドウを開きます(ウィンドウ:スクリプトウィンドウ)。以下を入力してEnterを押します。
    page.v1=1.117
  3. 計算で使用するワークシート列で右クリックして、列値の設定を選択します。
  4. Aの値に、値が1.117の新しい"v1"変数を掛けるとします。最初に、列の計算式ボックスにAを入力します。
  5. 値の設定の変数メニューから、変数情報の追加を選択します。
  6. System Formulaノードを開き、変数v1(値は1.117)を選択し、挿入閉じるの順にクリックします。これにより、値の設定ダイアログの実行前の処理スクリプトパネルに以下の式が表示されます。
    double d1 = page.info.SYSTEM.FORMULA.V1;
  7. v1に格納されている値は、データ型doubleの変数d1に割り当てられました。これを使って列Aの値に1.117掛けるには、上部パネルに以下のような式を入力します。
    A * d1
  8. 適用 または OK をクリックして計算を実行します。変数の値はブックに保存されるので、ブックを個別のウィンドウ(プロジェクトの一部)として保存する必要があることに注意してください。

値の設定の列式で使用する変数を定義および保存する別の論理的な方法は、値を設定の実行前の処理スクリプトパネルを使用することです。

オプションメニュー

式セルを直接編集 このオプションはデフォルトで有効になっています。このオプションをチェックすると数式セル内で数式を直接編集できるようになります。
式テキスト このオプションは式セルを直接編集が無効になった時に選択できます。このオプションを選択すると式テキストダイアログが開き、式セルのF(x)ラベル行に表示したいテキストを入力できます。式テキストダイアログが空のままの場合、式セルには式列がそのまま表示されます。ヒント: 式セルの表示が空欄がいい場合、式テキストボックスにスペースを入力してください。
テキストを保持 チェックが付くと、計算の際に欠損値になることなく、目的の列にあるテキストがそのまま残されます。

範囲/列のコントロール

RowRangeControl.png

計算式を使って値をセットする範囲を定義します。

値の設定ダイアログを開く前に列(複数列)を選択していた場合には、開始行と終了行は自動的に行(i): 開始 終了 ボックスに入ります。 (すべての列を選択するとこのボックスに <自動>となります)。非連続の範囲選択はサポートしていません。選択範囲を変更するには、開始終了 ボックスの値を書き換えます。

ColumnControl.png

計算式を使って値をセットする列を指定します。このコントロールは複数の列値を設定する時のみ利用できます。

値の設定ダイアログを開く前に複数列を選択していると、開始と終了のインデックスが自動的に 列 (j): 開始終了ボックスに表示されます。非連続の列はサポートしていません。列を変更するには、開始終了 ボックスの値を書き換えます。

目的の列

これは読み取り専用で、列の計算式や実行前の処理スクリプトの式が適用される列を識別します。

最初の列/次へ/前へ/最後へ

NavagationButtons.png

このボタングループを使って、ある列から別の列に切り替えることができます。これにより、ダイアログを閉じないで、複数列に対して値の設定ダイアログを使うことができます。

列の計算式

この編集ボックスにデータを生成するための計算式を1行入力することができます。関数、条件演算子、変数をここで使うことができます。

再計算

再計算

値の設定の再計算を制御できます。

  • なし
  • 自動
  • 手動

詳細情報は、 分析結果の再計算をご覧下さい。

ボタン

関数の検索と挿入ダイアログ

Search Insert Functions.pngボタンをクリックして、関数の検索と挿入 ダイアログを開きます。

プロパティダイアログを開く

Open properties dialog.png ボタンをクリックしてプロパティダイアログを開きます。

適用

ダイアログを閉じずに、計算式を使って値をセットします。

キャンセル

何も行わずにダイアログボックスを閉じます。

OK

計算式を使って値をセットして、ダイアログを閉じます。

スクリプトを表示/非表示
(矢印ボタン)

実行前の処理スクリプト」パネルを表示または非表示にします。

実行前の処理スクリプト

この編集ボックスには複数行のLabTalkスクリプトを入力することができ、列の計算式編集ボックスの計算式の前に実行されます。スクリプトの表示/非表示ボタン ShowOrHideButton.png をクリックして、この編集ボックスを表示/非表示することができます。

関数の検索と挿入

Search and Insert Functions.png

関数を検索するには、関数検索入力ボックスにキーワードを入力しすると、全ての関連した関数の名前と説明が表示されます。使用したい関数をダブルクリックすると、値の設定ダイアログに関数を挿入できます。関数の詳細な情報を確認したい場合、関数の説明部分をクリックすると表示できます。

値の設定ダイアログの他に、これらのツール/メニューで関数の検索と挿入ダイアログを開くこともできます。

  • メニューからツール:関数の検索を選択します。このメニューで開いたダイアログで、数式情報を選択してテキストとしてコピーし、メモ帳に貼り付けることができます。