データプロットの色を編集する

Originでデータプロットの色を「編集」する際、既存のグラフのデフォルトのプロットの色の割り当てを変更することできます。また、まだ作成されていないグラフで使用するためのカスタムカラーリストの作成をすることもできます。どちらか一方について議論するのは難しいので、このページでは「編集」の広い定義を想定しています。

既存のグラフの配色を積極的に変更している場合は、カラーチューザーというものにすぐに慣れることができます。それが私たちが議論する最初のトピックです。

Customizing Data Plot Colors img0.png


このページで述べられるトピックに加えて、プロット色の編集に関する情報のページを参照されると良いでしょう。



目次

カラーチューザーを開く

カラーチューザーは、アクティブなグラフウィンドウでプロットの色を編集するための入り口です。いくつかの方法で開きことができます。


サンプルプロット 作図の詳細 色ボタンまたはツールバーボタン カラーチューザービュー
単一色のプロットエレメント

Single color plot.png

Color button MT ex.png

または、

Color button default.png

Color button custom.png

または...

Style toolbar lineBorder.png

Single color chooser.png


関連トピック:

作図の詳細:「シンボル」タブでの制御

プロットを様々な色に設定
ポイント毎

Increment color plot.png

Color button MT ex2.png

または、

Color button custom increment.png

または...

Style toolbar lineBorder2.png

Style toolbar lineBorder4.png

Increment color chooser.png


関連トピック:

プロットを様々な色に設定
プロット毎

Byplot color plot.png

Color button MT ex2.png

または、

Color button by plot.png

Color button by plot palette.png

または...

Style toolbar lineBorder3.png

Byplots color chooser.png


関連トピック:

  • システム変数「@RGBS」を「1」にに設定すると、カラーリストボタンに、HTMLカラーコードの代わりに、RGBの値を表示するように切り替えることもできます。
  • また、color()を使って、指定したhtmlコードに対応するRGBの値を返すことができます。

カスタムカラーの定義と使用

初期設定のカラーリスト

Originには、非常に基本的な編集不可能な「システム」カラーリストがあります。これは、背景にある互換性や、プログラム的な色の割り当てのために保持されています。そのカラーリストは、LabTalkリファレンス表の、List of Colors にあります。

GUIで操作するユーザは、カラーチューザーとカラーマネージャの両方がOriginの多数の組み込みカラーリストにアクセスできるため、このカラーリストを考える必要はありません。いずれも、\User Files\Themes\Graph フォルダに 推移リスト(.oht)として、編集し保存することが 出来ます。さらに、Originは、標準的なカラーパレットファイルのドラッグアンドドロップなど、ソフトウェアにカスタムカラーリストを追加するための他のいくつかの方法をサポートしています。

論文などを公開する際に、カラー(例えばオンライン用)と白黒(例えば印刷用)の両方の画像が生成されるカラー画像を提出するよう求められることがあります。カラーリストが十分なプロット差異を表していることを確認するために、グレースケールでプレビューできます。ファイル:印刷プレビューを選択し、グレースケールPP Grayscale button.pngボタンをクリックします。

カスタムカラーの定義

この方法は、現在のプロットで使用する1つまたはいくつかのカスタムカラーを作成するのに便利です。後で使用するために保存する一連のカスタムカラーを選択する方法については、次のトピックを参照してください。

Define custom color.png
  1. 単一のカスタムカラーを定義するには、カラーチューザを開き単一色タブをクリックします。
  2. カスタム の下にある、空の色Click to add color Button.pngをクリックし、カラー ダイアログで、 カスタム タブを開きます。
    Colors dialog box.png
  3. 次のいずれかにより色を選択します。
  4. 必要に応じて、ユーザ定義の色の名前を入力します(名前がない場合、GUIは16進数カラーコードを表示します)。
  5. 終了したら、カスタムに追加をクリックします。
  6. また、目薬マーク(スポイトみたいなマーク)Eyedropper Button.pngをクリックして、ワークスペースの別の場所にある箇所の色をクリックで拾います。

上記で選択した色が、カラーチューザーのカスタム グループに追加されます。 必要に応じて、さらに色を追加します。カスタムに追加ボタンを使用すると、カラーダイアログを閉じなくても、色を順番に追加できることに注意してください。


他の事項:

推移リストとして、カスタム色のシリーズを保存

「カラーリスト」と「推移リスト」という語は、Originソフトウェアのドキュメントで同じ意味で使用されることがあります。より正確には、「推移リスト」は、一連のデータポイントまたはプロットに順番に色を割り当てるために使用される単なる「カラーリスト」です。

推移リスト(カラーリスト)を作成するには、いくつかの方法があります。実際の推移リストとして使用する場合でも、マップやインデックスなどによってプロットの色を割り当てる場合でもかまいません。

カラーリストを1つずつ作成する

これは、2つの方法のうちで手間がかかる方法です。Origin 2021以降をお使いの場合、このすぐ下のセクションを参照してください。

  1. リストとして保存するカスタムカラーを定義する前に、色をクリアしておきたい場合には、カスタムメニューをクリックし、クリア をクリックします。
  2. 上記の方法で、カラーリストを定義します。
  3. カスタムカラーのシーケンスで色の選択が完了しましたら、カスタム メニューで、名前を付けて保存 を選択します。
  4. 推移リストとして保存 ダイアログに名前を入力し、OK をクリックします。Note:このダイアログでドロップダウンリストをクリックすると、現在のセクションを以前に作成したリストに保存することが出来ます。
Save Increment List1.png

色の作成ダイアログボックスを使用したリストの作成 (Origin2021以降)

Origin 2021以降、色の作成ダイアログを使用してカラーリストを作成できます。詳細はこの表をご確認ください。

CDPC Build Colors Dlg.png

Origin 2021b以降、推移リストエディタは、カラープロパティを編集するための色の作成ダイアログに置き換えられました。色の作成はより多くの機能を提供しますが、推移リストエディタが必要な場合は、システム変数@DICE = 0と設定することで復元できます。システム変数の値を変更する方法については、FAQ-708 システム変数を永続的に変更するにはにあるシステム変数の変更を参照してください。

列からカラーリストを作成

プロジェクトでフォーマットに設定されている場合、カラーチューザーのカスタムメニューに列からカラーリストを作成オプションが表示されます。

Create Color List from Column.png
  1. 列からカラーリストを作成で色フォーマットの列を選択します。列の色がカスタム色に追加され、推移リストの保存ダイアログが開きます。
  2. カラーリストに名前を付け、OKをクリックします。

色推移リストとパレットの操作

保存された推移リストを使用

保存したリストは、単一色ポイント毎プロット毎の3つのカラーチューザータブのいずれかからロードできます(すべてのプロットに3つのタブすべてが表示されるわけではありません)。

Help ColorChooser Single Points Plots.png
カラーリストを選び、さらにその中から1色を選択します。
CDPC Apply Color Singly.png
ポイント毎 にカラーが推移する場合は、推移開始 のスライダーで開始位置を変えることが出来ます。色が全てのポイントに適用される前にリストが終わってしまった場合、コードはリストの最初に戻ります。
Increment from by points.png
カラーチューザーのプロット毎 タブ上、または新しい推移リスト(Q02 Basic以外)を選択した場合、様々なリストが表示されます。これらは、「色合いと陰影」のバリエーションであり、任意のバリエーションを1つクリックして、プロットに適用することができます。この色味と影のバリエーションリストは、単一色のタブからロードすることができますが、このタブでは単色で表示され、適用されます。
Luminance variants by plots.png

色の作成ダイアログ

カラーリスト(組込またはユーザ定義)は、カラーチューザータブからロードして、色の作成ダイアログボックスで編集できます。

CDPC Open Build Colors.png

推移リストをロード

Open increment editor.png

推移リストの編集

推移リストを修正するには色の作成ダイアログを使用します。また、新しい推移リストとして保存することもできます。

リストの再配列
  1. カラーリストの順序を変更するには、反転上へ移動(一番上へ移動)、上へ移動(1つ上へ移動)、下へ移動(1つ下へ移動)、および下へ移動(一番下へ移動)ボタンを使用します。もしくは、ドラッグによりリストの順序を変更できます。
Color List Tab 03.png
リストに色を追加する
  1. 新規として追加ボタンColor List Add button.pngもしくはリストを右クリックして追加を選択します。黒(#00000)のセルは、リストの一番下に表示されます。
  2. 追加したセルを編集するには、セルが強調表示されていることを確認してから、RGB/HSL/HTML編集ボックスを使用してカスタムカラーを選択します。または、スポイトを使用してOriginワークスペースで色を選択します。
  3. 新規/現在のブロックを使用して色を比較します。色が決まったら、置換ボタンをクリックし、黒のプレースホルダーセルを置換します。
リストから色を削除する
  1. 色を選択して、右の削除ボタンColor List Delete button.pngをクリックするか、リストの中の色を右クリックし、ショートカットメニューから削除を選択します。
色の名前を変更する

色の名前は6桁のhtmlカラーコードより、自然な名前を付けたほうがわかりやすいこともあります。

  1. 色の名前を変更するには、カラーリスト上で右クリックし、名前の変更を選択します(遅いのでお待ちください)。
  2. セルをクリックすると名前の変更モードに入ります。このモードは、名前の変更の横にあるチェックボックスをオフにするまで有効です。
Customizing Plot Colors Rename Color.png

推移リストの保存

推移リストは.othファイル形式で、\User Files\Themes\Graph folderに保存されます。保存した推移リストはユーザインターフェイスのどこでも利用可能になり 、テーマオーガナイザでもアクセス可能となります。

パレットの編集

パレットファイルは通常、カラーリストよりも多くのカラーバリエーションを表示しますが、実際に2つを区別するのは、それらの保存方法です。カラーリスト (推移リスト) は User Files\Themes\Graph に .oth files (テーマファイル)として保存されます。パレットファイルは User Files\Palettes に .pal files として保存されます。

編集するパレットをロードする

  1. メインメニューから、ツール:カラーマネージャを選択し、
  2. パレットラジオボタンをクリックし、編集可能なパレットを右クリックし(ヒント:システムパレットは編集できませんが、複製して編集することができます)、色の編集を選択します。


他の方法:

パレットの編集

Originの組み込みカラーパレットを編集することはできませんが、パレットをロードして新しい名前で保存することはできます

OH load built in palette.png
  1. 最も簡単なパレット編集は、編集可能なパレットをロードし、色の作成ダイアログで補間ボタンをクリックすることで行えます。補間タイプ色の番号(256が最大)を指定し、OKをクリックします。
  2. より複雑な編集を行うには、色の作成のカラーリストを右クリックし、パレットエディタで開くを選択してpalEditダイアログボックスを開きます。

OH customizing plot color palette edit.png

システム変数@ECDを使用して、上記のステップ2でパレットエディタで開くを選択したときに開くパレットエディタをコントロールできます。


.palファイルの編集、保存、インポートについては、これらの項目を参照してください。

列の値を使ってポイント毎に色を適用

カラーチューザーのポイント毎タブでは、プロットのデータポイントに色を適用するためのオプションがあります。基本の方法として、カスタム増分を使い、最初のデータポイントの開始色を設定し、後続のポイントにカラーリストの色を割り当てることができます。保存された推移リストの利用 の「ポイント毎」を参照してください。


その他のオプションは、データセットを使ってプロットに色を付けます(詳細は、データセットの値を使用してデータプロットの色を制御するを参照してください)。

Color control options customzing.png

Ctrlキーを押しながらリストを直接クリックすると、カラーリストの推移色を変更できます。または、リストの右側にある鉛筆アイコンをクリックします。推移リストエディタが開き、編集できます。

密度カラーマッピング

密度カラーマッピングポイント毎オプションの一つです。この設定では、値の列を使用して色を割り当てるのではなく、散布図の点の密度に基づいて色を割り当てます。特に、大規模なデータセットの散布図を作成するための密度ドットテンプレートで使用するためのものです。かなりの数のポイントが重なる散布図でない限り、このオプションは役に立ちません。

Density color chooser.png
Note: データプロットにカラーマッピング適用すると、作図の詳細ダイアログにカラーマップタブが追加され、このタブでプロットの色付け方法を設定します(シンボルタブでは設定できません)。

列ラベル行値を使用してプロットの色を制御

列インデックスを使用してグループ化されたプロットにカラーリストを適用することに加えて、ウォーターフォールおよびカラーマップ線系グラフでは、1つの列識別子(1つの列ラベル行)の実際の値を使用して、グループ化されたプロットを色分けできます。

カラーマップグループ化プロットで列ラベルの値を使用するには、

  1. 全Y列を2Dウォータフォールtまたはカラーマップ線系グラフとして作図します。
  2. ウォータフォールタブで、Z値として列ラベル行を選択します。
  3. またはシンボルタブを開き、現在のグループの全プロットを色分けするためにラベルの値をどのように使用するかを指定します。
Color Z Values by Plots.png

Z値は以下から選択します。

これら3つの手法についての詳細は、「ユーザガイド: データセットでプロット色を設定」のページを参照してください。

<自動>カラーとは?

幾つかの色ボタンは自動と、初期設定では表示されています。

Customizing Data Plot Col-4.png

<自動>がボタン上に表示されている場合は、色はこの方法で適用されます。

項目 次のような設定になります。

塗りつぶしパターン

境界の色

ドロップラインの色

シンボルの色

シンボルの色

(グラフの線の)色。 データプロットに『グラフの線』タブが無い場合、黒色を表示します。

シンボル(境界)色

(グラフの線の)色。 データプロットに『グラフの線』タブが無い場合、黒色を表示します。

(シンボルの)塗りつぶし色

オプションダイアログのグラフタブにあるシンボルの塗り色で選択します。

(エラーバーの)色

境界色。 シンボル(散布図、棒など)がない場合、線の色に従います。

Originの色ボタンにはなしのオプションもあります。 なしを選択すると、データプロットの要素は透明に設定されます。