(作図の詳細)「ラベル」タブ(3Dシンボル/ベクトル/棒/XYY棒)


このタブは3Dシンボル/ベクトル/棒/XYY棒プロットのラベルを追加・編集する際に使用します。ラベルの内容は、ラベル形式のドロップダウンリストから選択できます。また、ラベルのスタイル、位置、方向も編集できます。

3Dシンボル
3D Label Tab dialog1.png
LabelForSpcPoint.png
3D 棒 / 3D ウォール
LabelFor3DBars.png
LabelFor3DBarsSpc.png
3Dベクトルグラフ
LabelFor3DVector.png

目次

  1. 1 有効にする
  2. 2 指定したインデックスのみで表示
  3. 3 接続先 (3D ベクトルのみ)
  4. 4 フォント
    1. 4.1 フォント
    2. 4.2
    3. 4.3 サイズ
    4. 4.4 白地
    5. 4.5 書式ボタン
    6. 4.6 回転(度)
  5. 5 ラベル形式
    1. 5.1 数値表示フォーマット/フォーマット指定
  6. 6 オフセット(3D シンボル/ベクトル)
  7. 7 位置(3D シンボル/ベクトル)
  8. 8 位置(3D 棒/XYY 棒)
  9. 9 方向(3D シンボル/ベクトル)
  10. 10 方向(3D 棒/XYY 棒)
  11. 11 引出し線
    1. 11.1 オフセットが(%)を超える場合は引出し線を表示
    2. 11.2 接続線
    3. 11.3 セグメントの調整
    4. 11.4 方向
    5. 11.5
    6. 11.6

有効にする

有効にするにチェックつけて、ラベルの追加や編集をできるようにします。

指定したインデックスのみで表示

チェックをつけた場合、ラベルはこれらのインデックスのみを指定します。

接続先(3Dベクトルのみ)

これは3Dベクトルが選択されている時のみ有効です。XYZXYZデータセットから作図したベクトルグラフの場合、ラベルに表示される座標は、ラベルが付く終点の座標になります。

矢印の線 ラベルは、矢印の線に付けられます。
矢印の頭 ラベルは、矢印の頭に付けられます。

フォント

フォント

ドロップダウンリストから、テキストラベルに使うフォントを選択します。デフォルトの選択は、「オプション」ダイアログボックスの「テキストフォント」タブ標準フォントドロップダウンリストで制御できます。

ラベルテキストの色を選択します。

Origin 2019では、3Dグラフのテキストラベルは単一の色のみとなりました。自動を選択すると、黒が選択されます。2D線およびシンボルプロットでは、データポイントの色ごとにラベル色を設定することは出来ません。

サイズ

このコンボボックスにサイズを入力または選択します。サイズの単位はポイントです。

「白地」チェックボックス

このチェックボックスを選択すると、各データラベル値に「白地」の背景を表示します。

書式ボタン

太字斜体下線が提供されています。
Plot Details Accent Buttons.PNG

強調チェックボックスは一点のみ編集する場合で利用可能です。一点のみ編集する場合、特に編集しない限りは他のプロットのプロパティに従います。強調は、この点が従っているプロットの太字斜体下線 などの書式のことです。チェックを外すと書式ボタンを使用できます。

回転(度)

回転テキストボックスの値で、ラベルテキスト面での回転度数を指定します。


ラベル形式

ラベルを作成するのに使用する量またはデータセットを指定します。

自動 特別なポイントのラベルタブでのみ使用可能です。このオプションはラベル形式設定の位置設定を使用します。
X データのX値をラベルとして使用する
Y データのY値をラベルとして使用する
Z データのZ値をラベルとして使用する
インデックス 行インデックスをラベルとして使用する
(X, Y) データのX値とY値の両方をラベルとして使用する
(X, Y, Z) データのXYZ値をラベルとして使用する
カスタム フォーマット指定で指定した内容とフォーマットを使ってラベルを作成します。
Col(列のショートネーム) ワークシートから目的の列をラベルとして使います。 Y列データの右にあるすべての列がここに一覧表示されます。

表示フォーマット/フォーマット指定


表示フォーマットまたはフォーマット指定をクリックすると、フォーマットの一覧を表示します。

Label Form Custom 3.png

フォーマット指定:


オフセット(3D シンボル/ベクトル)

オフセットの下には、3つのボックスがあります。この、各軸の隣にあるボックスの設定は、各軸方向のデータラベルのオフセットを指定しています。

オフセットは、フォントの高さのパーセントで指定されます。

自動オフセットチェックボックスは一点のみ編集する場合で利用可能です。一点のみ編集する場合、特に編集しない限りは他のプロットのプロパティに従います。自動オフセットは、その点が従っているプロットのラベル位置を意味します。チェックを外して、X/Y/Zオフセットおよび垂直オフセットの編集ができます。


位置(3D シンボル/ベクトル)

ラベル位置を指定します。

自動 ラベルタブの特別なポイントでのみ使用可能で、自動配置のチェックが外れている時に選択できます。このオプションは一般的なプロットの位置設定を使用します。
中央 データポイントの中央にラベルを配置します。
高さ データポイントの左または右にラベルを配置します。
データポイントの上または下にラベルを配置します。


位置(3D 棒/XYY 棒)

このセクションはラベルの位置を指定します。

各軸のリファレンス位置を指定して、ラベルを配置します。ドロップダウンリストの自動オプションは、3DXYY棒グラフでのみ使用できます。 他の軸の5つのオプションが軸のドロップダウンリストから選択できる場合、棒の垂直な2つの面の軸から生成されます。

このボックス内の設定は各軸テーブル行のオフセットを設定します。データラベルは設定位置から遠ざかります。オフセットは、フォントの高さのパーセントで指定されます。


方向(3D シンボル/ベクトル)

このセクションはラベルテキスト面の通常ベクトルを指定するのに指定します。


方向(3D 棒/XYY 棒)

このセクションはラベルテキスト面の通常ベクトルと回転を指定するのに使用します。

自動 3Dグラフを回転させている時にラベルのテキスト面は常にスクリーンの面と平行になります。
XY 3Dグラフを回転させている時に、ラベルテキスト面は常にXY面と平行になります。
ZX 3Dグラフを回転させている時に、ラベルテキスト面は常にZX面と平行になります。
YZ 3Dグラフを回転させている時に、ラベルテキスト面は常にYZ面と平行になります。
カスタム カスタムXYZ座標を設定します。通常のベクトルの最終点を元にラベルテキスト面を作成し、通常セクションでは初期ポイントは(0,0,0)となります。


引出し線

引出し線は、データラベルとデータポイントをつなげる「線オブジェクト」です。

オフセットが(%)を超える場合は引出し線を表示

引出し線を表示するかどうかを指定します。引出し線はデータラベルとデータポイントが特定の有効な長さを超えた場合にのみ表示します。有効な長さはチェックボックスの隣にあるテキストボックスにパーセント値を入力します。

有効な長さ=パーセント値% * (レイヤの高さ + レイヤの幅)/2

接続線

引出し線の接続線の種類を選択します。直線ポリラインの2つのオプションが利用できます。ポリラインは、方向オプションで指定された軸に沿って平行な線と、折れ線から成り立っています。

セグメントの調整

これは、接続ポリラインが選択されている時のみ利用できます。どの位置にポリラインの平行線を配置するのかを指定するには、オプションのプロットの横またはラベルの横を利用します。

方向

これは、接続ポリラインが選択されている時のみ利用できます。ポリラインの平行線のXYZ方向を指定します。

引出し線のを指定します。

引出し線の色をシステム色かカスタム色で指定します。自動に設定されている場合、引出し線の色はデータラベルと同じになります。