ワークシートの基本操作


ワークブックウィンドウは最小1シート、最大で1024シートまで作成することができます。

Basic operations on WKS.png

目次

  1. 1 シート追加、オーガナイザを表示/非表示
  2. 2 ワークシートの表示/非表示
  3. 3 行の背景色を交互に設定
  4. 4シートを挿入、削除、追加
  5. 5 シートのコピーと貼り付け
  6. 6シートを複製
  7. 7 名前とコメント
  8. 8作図ダイアログから除外
  9. 9Excelエクスポートから除外する
  10. 10ワークシートを移動
  11. 11 ワークシートのズームとパンニング

シートの追加、オーガナイザの表示/非表示

シートの前後移動ナビゲーションボタンに加えて、ワークブックにはシート追加ボタンとオーガナイザを表示/非表示ボタンがあります。

Workbook buttons sheet organizer.png

ワークシートの表示/非表示

ワークシートを非表示にするには、

非表示になると、ワークシートはワークブックオーガナイザとオブジェクトマネージャでグレー表示されます。どちらもエクスポートには表示されません。

Hidden sheet in Organizer and OM.png

非表示のワークシートを表示する

行の背景色を交互に設定

Worksheet banded rows.png
Note:
  • セルに色をつける方法はいくつかありますが、優先度は下記のようになっています。
条件に一致したセルの色 > スタイル ツールバーの 塗りつぶしの色 ボタンButton Fill Color.pngによる塗りつぶしの色 > 縞模様の行
  • 縞模様の行は、グラフページに挿入された内部表でもサポートされます。

シートを挿入、削除、追加

シートタブを右クリックして挿入または、削除追加を選択し、現在のシートの前に新しいシートを挿入、現在のシートを削除、最後のシートとして新しく追加できます。

シートタブを右クリックしてグラフをシートとして追加またはシートとして行列を追加を選択すると、取得ダイアログが開き、追加したいウィンドウをクリックしてグラフや行列ウィンドウを現在のワークブックウィンドウの新しいシートとして追加します。
Graph Matrix Hunt.png

シートタブを右クリックしてシートにメモを追加を選択して、現在のワークブックの新しいシートとしてノートウィンドウを追加できます。

シートのコピーと貼り付け

Origin 2018bから、全ての情報を含む現在のシート(ヘッダ行や構造も併せて)をクリップボードにコピーし、タブ上で右クリックしてシートをコピーを選択し、新しいシートとして貼り付けを選べば、新規のワークシートとして追加できます。

シートをコピーを選択したら、以下の操作が可能です。

シートを複製

シートタブで右クリックし、データなしで複製または複製を選択すると、現在のワークシートをデータなし/データ付きで複製できます。

データなしで複製を選択すると、同じ構造とヘッダ行のデータがないワークシートが作成され、現在のワークブックの最終シートとして追加されます。
Origin 2020から、シートを複製するためにデータ無しで複製を選択した場合、元データのみが削除され、セル参照やセルの式などセルにリンクした内容は、後で使用するために保持されます。以前のようにセルにリンクした内容も削除するように戻すには、システム変数@DkLを使用します。

複製を選択すると、全く同じワークシートが現在のワークブックの最終シートとして追加されます。

名前とコメント

さらに、ワークシートに追加できるプレーンテキストのノート (ここで説明) に加えて、Originのプロジェクトにはメモを追加できる場所が他にもいくつかあります。そのうちの3つである、フォルダノートセルノート、独立したノートウィンドウでは、テキストや画像といった混合オブジェクトおよびOriginリッチテキストなどの複雑な書式設定が可能です。

シートタブで右クリックして、名前とコメントを選択すると、名前とコメントダイアログが開き、現在のワークシートの名前とコメントを管理できます。

Namecomment.png

現在のワークシートの選択を解除したい場合、ワークシートの左上のセルをクリックします。もしくはワークシート列の右側の灰色の部分をクリックします。”黒い矢印”のカーソルはワークシート全体を選択する際に使われることに注意してください。

OH clear selectiont select entire.png

作図ダイアログから除外

シートタブを右クリックして、作図ダイアログから除外を選択すると、作図のセットアップやレイヤ内容等の作図ダイアログから現在のシートを除外します。

現在アクティブなシートでLabTalkコマンドwks.epd = 1;を実行して、この操作を実行することもできます。

さらに、この操作を複数のシートに対して一度に実行することもできます。

シートを除外にすると、システム変数@TCEで設定された色でシート名が表示されます。

Excelエクスポートから除外する

シートタブで右クリックして、コンテクストメニューからExcelエクスポートから除外するをクリックして、ワークブック全体をエクセルファイルとしてエクスポートする対象から除外します。

ワークシートを移動

シートタブで右クリックして移動を選択すると、現在のワークブック内のワークシートの管理に使用されるワークシートの操作ダイアログが開きます。このダイアログについての詳細は、このページを参照してください。

ワークシートのズームとパンニング

Ctrl キーを押してマウスの上下スクロールでワークブック内の現在のワークシートを拡大、縮小できます。また、ズームツールバーButton Size Percent.png を使用すると、割合を指定してワークシートの列と行の拡大または縮小が可能です。

ワークシートのパンは、ズームとパンイングツールボタンButton Panning.png をクリックすると有効になり、マウスの左ボタンをクリックしながら水平または垂直方向にドラッグします。

現在のワークシートにグラフを埋め込んでいて、このグラフがワークシートワークスペースを超えて完全に表示できない場合、表示:グラフの配置メニューを選択で、グラフを元のように表示できます。