ワークシートをラベルで結合する


複数のワークシートがあり、列ラベル行を照合してそれらをワークシートに結合する場合は、ワークシートをラベルで結合するツールを使用できます。

ワークブックウィンドウをアクティブにしてこのツールを開くには、

もしくは、


これでX-Functionのwjoinbylabelが開きます。

Join Worksheets by Label 01.png

目次

ダイアログのオプション

再計算

再計算モードを指定します。

入力ワークシート

統合したい入力ワークシートを選択します。表示ボックスとツールバーで入力ワークシートを選択する方法の詳細を参照してください。

一致するラベル行

ロングネーム、単位、コメントなどを含む、ワークシートを結合するための一致するラベル行条件を指定します。
Wjoinbylabel-00.png

非一致を削除

非一致ラベル行がある列を削除するかどうかを指定します。
Wjoinbylabel-1.png

重複を削除

ラベル行が一致する最初の列を残し、他の列を削除するかどうかを指定します。
Wjoinbylabel-2.png

全ての組み合わせと一致

ラベル行が一致する列のすべての組み合わせを表示するかどうかを指定します。
Wjoinbylabel-3.png

データセット識別子

ソースデータセットを識別するため結果シートに「ソース」というロングネームの列を追加するかどうかを指定します。

データの前に識別子を挿入する

統合されたデータ列の前にデータ識別子列を挿入するには、このチェックボックスを選択します。選択しない場合、識別子列は最後に追加されます。

出力ワークシート

出力ワークシートを指定します。