地図と一緒に操作する

Working with maps intro composite.png

Originに地理データをインポートする方法がいくつかあります。NetCDFファイルの場合、OriginのNetCDF Connectorから始めるとよいでしょう。シェープファイルを直接インポートする場合にはShapefile Connectorもあります。

さらに、OriginLabは散布図やバブルチャートなどのベースマップとして使用するマップデータをダウンロードできる2つの無料アプリを提供しています。

目次

データ:ファイルに接続: NetCDF

OriginLabは、NetCDFファイルのインポートと分析の重要なサポートをOrigin2021bに追加しました。


追加情報:

データ:ファイルに接続: Shapefile


追加情報:

Maps Online (アプリ)

OriginのMapsOnlineアプリは、OriginLabのファイル交換の場から入手できる無料のアドオンです。 または、App Center(F10)を開いて、「maps」を検索します。

このアプリは古いものですが、Originのグラフウィンドウにベースマップ画像を追加する際に有用なので残っています。ユーザは散布図、バブルプロット、またはその他のプロットタイプをベースマップに重ね合わせることができます。


追加情報:

Google Map Import (アプリ)

OriginのGoogle Map Importアプリは、OriginLabのファイル交換の場から入手できるもう1つの無料のアドオンです。 または、App Center(F10)を開いて、「maps」を検索します。

Maps Onlineと同様に、このアプリは、より強力なNetCDFおよびShapefileインポートコネクタよりも前のものですが、ベースマップをOriginグラフウィンドウに簡単に追加するもう1つの方法です。このアプリは人気のあるGoogleマップデータベースを使用しており、地球上のあらゆる場所に一貫した外観のベースマップを確実に追加できます。Maps Onlineと同様に、ユーザーは散布図やバブルマップなどを重ね合わせることができます。


追加情報:

マップへの境界情報の追加

グラフにマップの境界情報を追加する方法がいくつかあります:

挿入メニューから

次の条件が満たしていれば、等高線または画像プロットにマップの境界を挿入できます。

Working with map data insert.png


追加情報:

Shapefile Connectorから

挿入メニューから特定のマップを使用できない場合は、Shapefile Connectorを使用してポリゴンデータをインポートし、既存の等高線または画像プロットに追加できます。

  1. データ: ファイルに接続: Shapefileをクリックして.shpファイルをインポートします。
  2. Xy列(経度/緯度)を選択し、選択範囲の右端の近くにカーソルを合わせて、グラフウィンドウにドラッグします。
Adding Shapefiles to Maps.png


追加情報:

Import Shapefile (アプリ)から

Import Shapefileアプリは、Shapefile Connectorよりも前のものであり、まったく推奨されませんが、別の無料のOriginアプリColormap for Map Dataと連携して、シェイプファイルポリゴンにカラーマップを追加します。(バージョン2021b以降、Shapefile コネクタはカラーマップアプリでは機能しません)

COVID-19 Realtime Report from China.png


追加情報: