簡単なワークシートデータセットを生成する


データを複数のワークシート列に入力する様々な方法


Note: Originの乱数生成アルゴリズムは、2016バージョン以降変更されました。詳細はシステム変数@ranを参照してください。


目次

行番号を列に設定

行番号からデータセットを作成する簡単な処理をします。

列を選択して、以下のいずれかの方法で操作します。

一様乱数を列に設定

このメニューコマンドは、ワークシート列に0から1の範囲の一様乱数を入力します。

列を選択して、以下のいずれかの方法で操作します。

最大値と最小値はORIGIN.INIファイル、[FillColumn]セクションのUNIFORM_MIN と UNIFORM_MAX の各変数で定義されています。デフォルトでは、それぞれの変数は0と1に設定されています。

正規乱数を列に設定

このメニューコマンドは、ワークシート列に0から1の範囲の正規乱数を入力します。

列を選択して、以下のいずれかの方法で操作します。

正規乱数の生成で、平均と標準偏差はORIGIN.INIファイル、[FillColumn]セクションのNORMAL_MEANおよびNORMAL_SIGMAの各変数で定義されています。デフォルトでは、それぞれの変数は0と1に設定されています。

数字のセットで列を設定

patternN ダイアログボックスを使って、選択した列にパターン化した数値データを入力します。

このダイアログを開くには、設定したい列を選択します。

  1. 列:列値の一律設定:数値セットを選択します。

または、

  1. 右クリックし、列値の一律設定:数値のセットを選択します。

patternNダイアログボックス

The PatternN Dialog Box.png

次の表で patternN ダイアログでの制御をまとめています。

開始 作成する期間の開始値を指定します。
終了 作成された期間の終了値を指定します。
増分 作成された期間の増分を指定します。
モード 作成されたデータがどのように配置されるか指定します。
  • 繰り返し
    作成されたデータの期間の値は選択された列を昇順/降順で入力します( 増分 が正の数の場合昇順になり、負の数の場合は降順になります)。各値に対する繰り返し時間そのシークエンスに対する繰り返し回数 を設定できます。
  • ランダム配置データ
    選択した列の個々のセルに、生成されたデータシーケンス からランダムに選択された値が出力されます。セット全体の全体数 を使うと、生成されたデータセットのサイズを決定することが出来ます。
各値に対する繰り返し時間 この入力ボックスは、モード に対して繰り返しが選択されているときのみ利用できます。生成されたデータ期間の中で各値が何回繰り返されるか指定します。
そのシークエンスに対する繰り返し回数 この入力ボックスは、モード に対して繰り返しが選択されているときのみ利用できます。生成されたデータ期間の中でデータセット全てが何回繰り返されるか指定します。
全てのセットの回数 この入力ボックスは、モードに対してランダム が選択されているときのみ利用できます。(繰り返し が選ばれている場合は、リードオンリーになっています)現在の設定で作成されるデータの数がデータセット全体でいくつになるのか指定します。この値を変更するには、<自動> からチェックを外します。

日付/時間の値のセットで列の値を設定

日付/時間の値のセットは、patternD ダイアログを使って、選択した列に出力することが出来ます。

このダイアログを開くには、設定したい列を選択します。

  1. 列:列値の一律設定:日付/時間の値のセットを選択します。

または、

  1. 右クリックし、列値の一律設定:日付/時間の値のセットを選択します。

patternDダイアログボックス

The PatternD Dialog Box.png

次の表で patternD ダイアログでの制御をまとめています。

フォーマット 作成するデータの形を指定します。
  • 日付
    入力されるデータセットは日付形式になります。
  • 時間
    入力されるデータセットは時間形式になります。
表示 日付/時間データの表示形式を指定します。詳細は、このページをご覧ください。
カスタム表示 このチェックボックスは、表示カスタム表示を選択した時のみ利用可能です。日時/時間のカスタムフォーマットを選択して入力することが出来ます。詳細は、カスタム日時フォーマットを参照してください。
開始 作成する期間の開始値を指定します。フォーマット日付の場合、カレンダー型のコンボボックスになり、フォーマット時間の場合は、テキスト入力ボックスに成ります。
終了 作成された期間の終了値を指定します。フォーマット日付の場合、カレンダー型のコンボボックスになり、フォーマット時間の場合は、テキスト入力ボックスに成ります。
増分 作成された期間の増分を指定します。増分は整数を入力します。
増分の単位 増分の単位を指定します。ドロップダウンリストのオプションは、時間日付 と、 です。
モード 作成されたデータがどのように配置されるか指定します。
  • 繰り返し
    作成されたデータの期間の値は選択された列を昇順/降順で入力します( 増分 が正の数の場合昇順になり、負の数の場合は降順になります)。また、各値の繰り返しの数や、生成された期間全体を定義して、データセットサイズを決める事ができます。
  • ランダム配置データ
    選択された各列のセルに対して、作成された期間から値がランダムに設定されて入力されます。セット全体の全体数 を指定して、生成されるデータセットのサイズを決定することが出来ます。
各値に対する繰り返し時間 この入力ボックスは、モード に対して繰り返しが選択されているときのみ利用できます。生成されたデータ期間の中で各値が何回繰り返されるか指定します。
そのシークエンスに対する繰り返し回数 この入力ボックスは、モード に対して繰り返しが選択されているときのみ利用できます。生成されたデータ期間の中でデータセット全てが何回繰り返されるか指定します。
全てのセットの回数 この入力ボックスは、モードに対してランダム が選択されているときのみ利用できます。(繰り返し が選ばれている場合は、リードオンリーになっています)現在の設定で作成されるデータの数がデータセット全体でいくつになるのか指定します。この値を変更するには、<自動> からチェックを外します。

テキストと数値の任意のセットで列の値を設定

patternT ダイアログを使って、選択された列に任意の文字列を含んだデータ型を出力できます。

このダイアログを開くには、設定したい列を選択します。

  1. 列:列値の一律設定:テキストと数値の任意のセットを選択します。

または、

  1. 右クリックし、列値の一律設定:テキストと数値の任意のセットを選択します。

patternTダイアログボックス

The PatternT Dialog Box.png

次の表で patternT ダイアログでの制御をまとめています。

繰り返すためのテキスト 選択した列に出力する値を入力します。値はテキストでも数値でも構いません。各値の間の区切り文字は「スペース」になります。値にスペースを追加したい場合、引用符(“”)を使用して1つの値である事を示します。
モード 作成されたデータがどのように配置されるか指定します。
  • 繰り返し
    作成されたデータの期間の値は選択された列を昇順/降順で入力します( 増分 が正の数の場合昇順になり、負の数の場合は降順になります)。また、各値の繰り返しの数や、生成された期間全体を定義して、データセットサイズを決める事ができます。
  • ランダム配置データ
    選択された各列のセルに対して、作成された期間から値がランダムに設定されて入力されます。セット全体の全体数 を使うと、生成されたデータセットのサイズを決定することが出来ます。
各値に対する繰り返し時間 この入力ボックスは、モード に対して繰り返しが選択されているときのみ利用できます。生成されたデータ期間の中で各値が何回繰り返されるか指定します。
そのシークエンスに対する繰り返し回数 この入力ボックスは、モード に対して繰り返しが選択されているときのみ利用できます。生成されたデータ期間の中でデータセット全てが何回繰り返されるか指定します。
全てのセットの回数 この入力ボックスは、モードに対してランダム が選択されているときのみ利用できます。(繰り返し が選ばれている場合は、リードオンリーになっています)現在の設定で作成されるデータの数がデータセット全体でいくつになるのか指定しますこの値を変更するには、<自動> からチェックを外します。

セルのグループを事前に選択し、アクティブなセルに数字またはテキストを入力してから、Alt + Enterを押して、選択したセルに共通のエントリを入力できます。不連続な選択がサポートされています。