ワークシート列のスタッキング

目次

列ラベルで列をスタッキングする

ワークシート列のスタッキングツールを使って、素データモードからインデックスデータモードに変換することができます。元のデータセットでは、サンプルは、グループごとに別の列に保存されています。スタッキング後には同じ列の違う行に保存され、グループ情報を提供するワークシート(元のサンプルが属するグループ)の中に列が追加されます。

この機能を使用するには、

  1. データを入力した、新しいワークシートを作成します。
  2. ワークブックにあるデータを選択します。
  3. メニューからワークシート:列スタッキングを選び、wunstackcolダイアログボックスを開きます。

実際には、wstackcol Xファンクションが呼び出されて操作を行います。

Stacking Worksheet Columns 1.png

ダイアログのオプション

再計算

結果を再計算する方法を指定します。詳細は分析結果の再計算を確認してください。

入力スタック列

ソースデータから列を選択します。少なくとも2列必要です。

グループ識別子
グループ行
グループ情報を含む列ラベル行を選択します。この情報を使って、ツールはサンプルが属するグループを識別します。複数行選択されている場合、グループの選択の順序は下側のテキストボックスに表示されます。
オプション

スタッキングのオプション

その他の列を含める
出力の際に、他の列を含めるか指定します。このチェックボックスがチェックされていると、含める列を選択できます。
サブグループにスタック
元のサンプルを複数のサブグループにスタックするかどうか指定します。これが選択されていない場合、入力サンプルのすべてが1列に保存されます。このチェックボックスがチェックされると、サブグループの数またはサンプルがスタックされる列の数を指定できます。
例えば、元のデータに6グループあり、2つのサブグループを選択した場合、1、3、5番目のグループが1つ目のサブグループになり、残りは2つ目のサブグループになります。
グループの交互挿入
異なるグループからのサンプルを混ぜるかどうか指定します。
例えば、元のデータセットに2つのグループがあり、このオプションを選択すると、出力列の偶数行は、最初のグループに属するサンプルで、奇数行は2番目のグループからのサンプルになります。このチェックボックスが選択されていない場合、出力列の最初のn行 (nは最初のグループのサンプル数) は、最初のグループからのサンプルを含み、残りの行は2番目のグループからのサンプルを含みます。
欠損行の排除
元の列にある欠損値を含む行を、無視するかどうかを指定します。
出力設定
グループ列のロングネーム
グループ列のロングネームを指定します。以下のオプションがあります。
  • <グループ行ヘッダ>
    グループ情報があるヘッダ。言い換えると、グループ行(上記参照)です。
  • グループ
    グループn
  • クラス
    クラスn
データ列のロングネーム
出力データ列のロングネームを使用します。ロングネームが列挙されます。
出力ワークシート
結果を出力するワークシートを指定します。


列スタッキングの方法

この機能は、列をスタック、行ごとに列をスタックできます。他の列を含めたり、サブグループの数を指定することもできます。そのため、スタッキングの方法は下記のように数通りになります。

いくつかの列からの値を、グループ内の複数行にスタックします。
Stack Columns.png
列を積み重ねていくのではなく、行インデックスに従って列をスタックします。列の値は交互に配置されます。
Stack by Row.png
このスタック方法は元のワークシート列にある他の列に加え、新規ワークシートに新しくスタックされた列を含みます。
Include Non-stack Columns.png
行に従って列をスタックし、元のワークシートの非スタック列を含めます。
Interleave Groups and Include Other Columns.png
複数列を2つ以上のグループにスタックします。
Multiple Output Variable Groups.png
複数の列を、行に従って2つ以上のグループにスタックします。
Interleave Groups and Divided Groups.png
複数の列を2つ以上のグループにスタックし、元のワークシートの非スタック列を含めます。
Divide Groups and Include Other Columns.png
複数の列を、行に従って2つ以上のグループにスタックし、元のワークシートの非スタック列を含めます。
Interleave and Divide and Include Other Columns.png

次の例では、サンプルデータファイル内の列を積み重ねて、別の形式で表示されるようにします。

  1. \Samples\Statistics\Body.ogwファイルを開きます。
    Wstackclos example 2.png
  2. Maleワークシートの列B、C、およびDを選択し、メニューからワークシート:列スタッキングを選択して、wstackcolダイアログを開きます。
  3. 別の列を含めるグループの交互挿入にチェックを付け、他の設定はデフォルトのままにします。
    Wstackcol example 3.png
  4. OKボタンをクリックして実行します。次のような結果が出力されます。
    Wstackclos example 1.png

列属性で列をスタッキングする

列(プロット)属性でワークシートの列を重ねることもできます。coljoinbydesig Xファンクションダイアログはメニューからは開けませんが、ユーザーインターフェースで開くことができます。

  1. ウィンドウメニューをクリックして スクリプトウィンドウまたは コマンドウィンドウを開きます。
  2. 以下をコピーして貼り付け(または入力し)、Enterキーを押します。
coljoinbydesig -d
XF coljoinbydesig db.png


ダイアログコントロールの使い方は簡単です。

Output coljoinbydesig db.png